最新記事

米安全保障

アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシア軍機6機を牽制

Russian Warships Sailed 'Right Through' Alaska Fishing Fleet: Sailors

2020年8月31日(月)17時24分
デービッド・ブレナン

アラスカ沖上空でロシアのTu-142対潜哨戒機を、米軍のF-22ステルス戦闘機などがインターセプト(3月9日) NORTH AMERICAN AEROSPACE DEFENSE COMMAND

<ベーリング海でタラ漁をしていたアメリカの漁船団の前に突如、ロシア艦隊が現れ、「ここはミサイルエリア、危険、出ていけ」と命令されて、漁船団はパニックに陥った。「こんなことは許されない」はずなのだが>

8月26日、漁船数隻で漁をしていたアラスカの漁師たちは、ベーリング海の国際水域で軍事訓練を行うロシア海軍と遭遇し、ただちに米軍当局に報告した。

現場にいた漁師の一人は、28日にアラスカ公共メディア(A P M)で、あのロシア艦隊のようなものを見たのは初めてだと語った。

26日にトロール漁船ベステローデン号上でロシア海軍の演習を目撃したスティーブ・エリオットは、ベーリング海でスケトウダラ漁をしていたときに、船の無線からロシア人の声が聞こえてきたという。その声はすぐにロシア語から英語に変わり、近くの漁船は軍艦の進路から外れるようにと警告してきた。

「ロシアの軍艦3隻と補助艦2隻が真っ直ぐこちらに向かってきた」と、船上からエリオットは証言した。「ロシアの艦隊は、漁船団のすぐそばを通りすぎた」

ロシアの軍用機から警告を受け、その場を離れるよう命じられた船もあったとAPMは報じた。翌27日、米軍当局はロシア軍が軍事訓練を行っていることは承知しており、付近のロシア軍の活動はすべて追跡していると述べた。

「でていけ」と警告

だが漁船団は、この事件のおかげで漁が妨害され、危険な目にあったと主張する。「何の予告もなく、本当にびっくりした」と、ベーリング海のスケトウダラ漁に従事する大型漁船13隻の組合で事務局長を務めるステファニー・マドセンは言った。

「少なくとも24〜36時間は混乱がひどくて、漁どころではなかった。その間、何が起きたのかと事実を確認しようと必死だった」と、マドセンは語った。「演習が続く間は、何が起こるかまだわからない」

APMによれば、軍事演習は9月まで続く予定だという。

タラ漁船ブルーノース号乗組員のマイク・フィッツジェラルドは、ロシアの軍用機が6度も船の進路を妨害し、指定した航路で水域から「最高速度で」出ていくように命じられたと語った。

北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)は28日、ロシアのTu-142対潜哨戒機6機──2機1組が3組──の進路をインターセプト(牽制)したと発表。ロシア軍機はアラスカ防空識別圏を約5時間飛行し、アラスカ沿岸から50海里以内に接近したが、アメリカやカナダの領空には入らなかったという。

<参考記事>中国軍艦5隻、オバマ氏訪問のアラスカ沖で確認 米「意図不明」
<参考記事>ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインターセプト

ニュース速報

ビジネス

ECB、コロナ禍対応に緩和策維持=総裁

ビジネス

米、デジタル通貨の開発急ぐより正しい対応が重要=F

ビジネス

米コノコ、シェールオイルのコンチョ買収 97億ドル

ビジネス

ECB、現時点で追加金融刺激策は不要=オーストリア

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    日本の科学者は「給料安い」「ポンコツ多い」(一流…

  • 6

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差…

  • 7

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 8

    アメリカの一流企業がビットコインを「大量購入」 そ…

  • 9

    台湾世論「トランプの方がバイデンよりマシ」な理由…

  • 10

    GoToイートは菅総理の信念の180度逆で根本的に誤り

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月