最新記事

海を覆った軽石の島──オーストラリアに漂着しはじめている

2020年8月27日(木)17時00分
松岡由希子

大量の軽石が「浮島」となって海を漂う......  YShannon Lenz-ouTube

<ニューヨーク・マンハッタン島の2倍に相当する軽石が、昨年南太平洋で見つかったが、オーストラリアに漂着しはじめている......>

ニューヨーク・マンハッタン島の2倍に相当する軽石でできた巨大な浮遊物が、2019年8月16日、南太平洋で見つかった。

「軽石は、海洋生物にとって家であり、乗り物だ」

トンガのヴァヴァウ諸島近くの海底火山の噴火によって生成されたもので、ビー玉からバスケットボールくらいのサイズの大量の軽石で構成されている。この巨大な「軽石の浮島」はオーストラリアに向かって漂流を続け、2020年4月以降、北東部クイーンズランド州タウンズビルからニューサウスウェールズ州の海岸に、漂着しはじめている。

Sailing through Pumice near VaVau


軽石は、マグマが急に冷えて形成された軽量で多孔な火山岩である。海を漂っているうちに、その空洞には藻類やフジツボ、サンゴなど、様々な海洋生物が住み着きはじめる。「軽石の浮島」を専門に研究する豪クイーンズ工科大学(QUT)のスコット・ブライアン准教授は「ひとつひとつの軽石に小さなコミュニティが形成され、海を超えて運ばれる。この巨大な『軽石の浮島』には、このようなコミュニティが無数に存在している」と解説する。つまり、軽石は、海洋生物にとって家であり、乗り物だ。

グレートバリアリーフの再生にも寄与する?

「軽石の浮島」によって、無数の多様な海洋生物がわずか数ヶ月で何千キロメートルにもわたって運ばれる。ブライアン准教授はクイーンズランド州南東部のビーチに漂着した軽石を採取し、付着した生物を調べたところ、100種以上の生物が確認された。

Pumice arrives bringing boost of life


オーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁地帯グレートバリアリーフは地球温暖化の影響を受けており、2016年の熱波では大量に死滅した。この巨大な「軽石の浮島」のオーストラリアへの漂着は、グレートバリアリーフの再生にも寄与するのではないかと期待が寄せられている。

ブライアン准教授は「『軽石の浮島』そのものが、グレートバリアリーフへの気候変動の影響を軽減できるのではなく、5年周期で起こるサンゴやその他の生物の増加に寄与する。いわば、『軽石の浮島』はグレートバリアリーフへの『ビタミン剤』のようなものだ」と述べている。

ニュース速報

ビジネス

22日の日経平均は反落、円高が重し

ビジネス

午後3時のドルは104円後半、人民元の反落で下げ一

ビジネス

リーマン後と異なり、コロナ後の経済はL字回復=甘利

ワールド

訂正-ドイツの新型コロナ新規感染者数が初めて1万人

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 6

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 7

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 8

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 9

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 10

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月