最新記事

2020米大統領選

史上初、黒人女性の副大統領候補ハリスは、アメリカの分断を修復できるのか

Kamala Harris Makes History as First Black Woman VP Nominee

2020年8月12日(水)18時20分
アイドリアン・カラスキージョ

予備選から離脱しバイデン支持を表明したハリス Brendan McDermid-REUTERS 

<多様性を体現するカマラ・ハリスに、トランプ政権下で分断したアメリカを団結に導く期待がかかるが>

民主党が黒人女性を副大統領候補にしようとしていることは、これまでも報じられてきた。しかし実際にそうなることとは、また別の話だ。

何カ月にもわたる熟考の末の決断だった。人種差別抗議デモが全米に広がるきっかけとなった警察官によるジョージ・フロイドの殺害事件と、黒人女性を副大統領候補にしようという民主党全体の組織的な動きに後押しされて、ジョー・バイデンは、カリフォルニア州選出のカマラ・ハリス上院議員を副大統領候補者に指名した。アフリカ系アメリカ人の女性として初めて副大統領候補に選ばれたハリスは、歴史に名を残す存在なった。

「大統領は多くの重要な決定を下す」と、ハリスの指名を発表するメールのなかでバイデンは述べた。「しかし最初に下すのは、副大統領候補を誰にするか、という決断だ。ドナルド・トランプとマイク・ペンスに戦いを仕掛け、2021年1月からこの国を率いるうえで力になってもらう人物として、私はカマラ・ハリスが最高だと判断した」

民主党予備選でハリスの上級顧問を務めたエミー・ルイスは、本誌の取材に「バイデンはアメリカの魂を取り戻すために戦っているし、カマラはまだ実現していないアメリカの可能性を示している」と語った。

いくつもの史上初

「これは歴史的かつ、転換点になりうる選択だ」と、やはりハリスの顧問だったセルジオ・ゴンザレスは言う。「バイデンは経験を象徴し、ハリスは優れた判断力を象徴する。この組み合わせは民主党の未来の世代への懸け橋となる」

ハリスは昨年12月に民主党の候補指名争いから離脱した。しかし、もしバイデンが勝利し、初の黒人女性副大統領が誕生したら、ハリスは民主党の次世代のリーダーとなるだろう。

カリフォルニア州オークランド生まれのハリスは、みずから「オークランドの子供」と名乗っているが、父親はジャマイカ系、母親はインド系の移民だ。サンフランシスコ地区の検事長に選ばれた最初の女性で、もちろん白人以外の女性でも史上初だった。その後、穏健派の共和党候補に逆転勝利をおさめ、カリフォルニア州司法長官に就任した最初の女性となった。

バイデン陣営の発表によると、ハリスは「特に上院司法委員会では、汚職、女性の権利、選挙干渉などの問題で、アメリカ国民のために戦う闘士として頭角を現した」という。

最近、ハリスは民主党の警察改革法案の策定を仲間の議員とともに主導した。そこには捜査の際に首を圧迫して容疑者を拘束する「チョークホールド」の禁止、警官が民事訴訟の対象になることを妨げる免責適用の制限、警察官による26歳の黒人女性の射殺事件につながった無断の家宅捜索を可能にする令状の廃止などが含まれている。

<関連記事:バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

ニュース速報

ワールド

米政権のウィーチャット禁止措置、連邦地裁が仮差し止

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

ビジネス

焦点:テスラが新たな電池戦略、試されるマスク流「吸

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

  • 4

    安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

  • 5

    日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

  • 6

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 7

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

  • 5

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 6

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 7

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 7

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 8

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月