最新記事

感染第2波

韓国、コロナ第2波で重症患者の病床ひっ迫 集会制限は反文在寅デモ封じ込めが目的?

2020年8月24日(月)21時46分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

韓国政府の医療改革案に反対する医療関係者が8月14日に行ったデモ。感染対策の集会禁止は反政府デモ封じ込めとの声も出ている。REUTERS/Heo Ran

<サラン第一教会のクラスターが感染第2波へ拡大している韓国。集会の制限などの感染対策には反発の声も>

新型コロナウイルスの感染第2波が到来した韓国で23日、過去24時間のコロナウイルス感染者が、3月初めから最多の397名を記録してしまった。ここ数日で、全国の感染者数が300名を超え、各地でクラスターも発生している。

感染者数が増えると同時に、症状が重症化する患者も増加しているようだ。現在韓国内での重症患者は32名と発表されていて、これはここ3日間で2倍に増加したことを意味している。

今後、現在の軽症者の中からも重症化する患者が出てくる可能性が高い。現在の重症患者年齢内訳を見ると、60代が15名と最も多いが、30代40代も1名ずつ入院しており、現在病院でコロナウィルスと戦っている。

しかし、韓国首都圏にある重症患者のための病床稼働率は60%を超えている状態だ。このまま持ちこたえて欲しいが、最悪の場合医療崩壊もしかねないと心配されている。

韓国政府は早速緊急命令を出し、今回も素早い対応を見せている。23日、ソウル市はコロナ対策ブリーフィングにて、24日午前0時より屋内外でのマスク着用義務化令を発令した。続いて、大邱市や世宗市でもマスク着用義務化令を発令しており、今後の感染拡大状況に応じで、全国のその他主要都市でも発令される見込みだ。

結婚式を中止に追い込まれるカップルも

マスク着用令発令に先立つこと4日前、感染拡大が深刻化し始めた19日には、既にクラブや居酒屋、カラオケなど「夜の街」関連の店舗、更にはクラスターが発生しやすいジム、ビュッフェ式レストラン、訪問販売、個人ではない大型経営の塾、ネットカフェなどの店舗へ緊急運営禁止令が出されている。

さらに物議をかもしているのが、「屋内で50人以上の博覧会、展示会、結婚式等の禁止令」である。これにより、かねてから計画していた結婚式を、中止せざるを得ないカップルが続出した。

韓国も日本同様、結婚式場は数カ月前からの予約が必要だ。日本よりもカジュアルではあるが、招待状を作って送ったり、歌のコーナーで"祝歌"を歌う人をブッキングしたりとなかなか大変である。今週中止して来週に延期しようという問題ではない。そして何より、延期や中止の違約金問題もある。結婚式を予定していたカップルらの中には、中止や延期の違約金の免除や、国からの負担を願い出る声もあるようだ。


【関連記事】
・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か
・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

ニュース速報

ビジネス

英政策金利、0.1%が下限と認識=ラムスデン副総裁

ビジネス

中国指導部、重要会議で次期5カ年計画成長目標下げ承

ワールド

タイ、外国人の出国猶予と非常事態宣言を10月末まで

ワールド

韓国大統領、南北軍事ホットライン再開必要 射殺男性

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 8

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 9

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 10

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月