最新記事

東南アジア

比ドゥテルテ長男、マニラの空港「ニノイ・アキノ」の名称変更を提案 大統領選めぐる動きか

2020年6月26日(金)19時31分
大塚智彦(PanAsiaNews)

フィリピンの現代史と結びついた「ニノイ・アキノ国際空港」の名は変わるのか? REUTERS/Romeo Ranoco

<アジアの現代史が反映された国際空港は、21世紀の政治によって塗り替えられるのか>

フィリピンのドゥテルテ大統領の長男で国会下院副議長のパオロ・ドゥテルテ議員が、下院議会に対して首都マニラの玄関口である「ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)」の名前を変更するべきとする法案を提出したことが明らかになった。フィリピンの主要メディアが6月25日に一斉に伝えた。

他の下院議員との連名で提出された「空港名称変更」議案によると現在の空港名を「フィリピン国際空港」と改めることを求めている。これは空港名に冠された「ニノイ・アキノ」という個人名を排除したい意向とされ、ドゥテルテ大統領の思惑のほか、2022年に予定される次期大統領選、さらにはマルコス元大統領一族との関係など、法案の提案理由を巡って様々な憶測が飛び交う事態となっている。

パオロ議員が同僚のマリンドケ、ベラスコ議員らと共同提出した「下院法案7031号」はフィリピン最大の国際空港であり、国際社会からの玄関口でもあるNAIAについて、「個人名ではなく、フィリピン国民が国に誇りをもてる名前に改正するべきだ」とし、さらにフィリピン人の母国語であるタガログ語を使用することで国民が親しみをもてるようにもするべきだとして名称変更を提案。新名称を「Paliparang Pandaigdig ng Pilipinas(フィリピン国際空港)」にするよう提案している。

「Paliparang(パリパラン=空港)」「Pandaigdig(パンダイティグ=国際)」「ng(ナン=英語のofに相当)」「Pilipinas(ピリピナス=フィリピン)」である。

「ニノイ・アキノ」はエドサ革命の象徴

「ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)」の名称について説明するためにはフィリピンの現代史をひもとく必要がある。1970年代、強権恐怖政治を進めていたマルコス大統領(当時)は、独裁政権下で反政府組織や学生運動を封じ込めるため1972年に戒厳令を布告。さらに国民に人気がある政治家だったベニグノ・ニノイ・アキノ・ジュニア前上院議員を逮捕・投獄を経て米国に追放した。そしてニノイ・アキノ氏は1983年8月12日にマニラに戻ったが、航空機からタラップを降りた直後に暗殺された。

暗殺事件の背後にマルコス政権が関与していたことが次第に明らかになり、これを契機に民衆の反マルコス気運が徐々に盛り上がり、1986年にマルコス大統領は退陣に追い込まれ、ニノイ・アキノ氏の妻、コラソン・アキノ氏が大統領となった。

この一連の出来事をフィリピンではマニラ市内の反マルコス群衆が集まった通りの名称から「エドサ革命」あるいは「ピープルパワー革命」と呼ばれている。

ニノイ・アキノ氏は1987年から500ペソ紙幣に肖像画として登場するとともに「マニラ国際空港」も同年「ニノイ・アキノ国際空港」と改名されて現在に至っている。


【話題の記事】
・コロナに感染して免疫ができたら再度感染することはない?
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・東京都、新型コロナウイルス新規感染48人を確認 今月5度目の40人超え
・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.

ニュース速報

ワールド

夏までに成人7割以上にワクチン接種を、欧州委が勧告

ワールド

ロシア、ナワリヌイ氏勾留は内政事項 追加制裁論に動

ワールド

原油市場、今年は回復 慎重ながらも楽観=OPEC事

ワールド

独、変異種懸念で2月半ばまで封鎖延長 デンマークも

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 3

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 4

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 9

    文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

  • 10

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月