最新記事

北朝鮮

金与正に与えられた兄をしのぐ強硬派の役割

Where Is Kim Jong Un? Kim Yo Jong Takes On Increasingly Prominent Role

2020年6月17日(水)18時25分
ジェイソン・レモン

北朝鮮の実力者として急に存在感を増す、金正恩の妹金与正 Leah Millis‐REUTERS

<金正恩の妹、金与正が脱北者を「人間のくず」よばわりし、南北連絡事務所を爆破する「悪役」として名を上げたのは、金王朝の継承に向けた土台作りなのか>

ここ数週間、北朝鮮の政治の舞台では、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長よりも妹の金与正(キム・ヨジョン)党第一副部長の公的な動きが目立っている。まるで金正恩は裏方にまわったかのようだ。そして韓国や西側に対する北朝鮮の姿勢はますます攻撃的になっている。

北朝鮮は6月16日、北朝鮮にある南北共同連絡事務所を爆破した。金正恩委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との南北会談で2018年に開設された、南北の緊張緩和を象徴する事務所だ。金与正は6月13日の談話でこの施設を取り壊すと予告、次は韓国を標的とした軍事行動も行うと警告した。

「私は最高指導者と党、国家によって与えられた私の権限を行使して、対敵関連部署の実行部隊に次の行動の決行を指示した」と、金与正は13日に述べた。「韓国当局と完全に決別する時がきたのだ。われわれはすぐに次の行動に移る」

金与正はまた、韓国から北朝鮮に向けて反体制ビラの散布活動をしている脱北者らを「みすぼらしい雑種犬」、「人間のくず」などと罵った。

「3月初旬から金与正は北朝鮮で事実上No.2としての自信を示している」と、朝鮮半島を専門とするタフツ大学の李晟允(イ・スンヨン)教授は本誌に電子メールで述べた。

「過去2週間で、金与正はさらに高い役目を担うようになった。それは最高指導者である兄の役割に等しい」と、李教授は言う。

プロパガンダの第一人者

金与正は30代前半で、少なくとも2014年から金正恩政権の一員として目立つ存在だった。兄は父親の金正日総書記の死後、2011年12月に北朝鮮の最高指導者の座に就いた。

金与正は2014年11月からプロパガンダ・扇動部の第一副部長を務め、2019年12月には統一戦線部の第一副部長に就任。一部のアナリストは、彼女が今もプロパガンダを担当していると考えている。

北朝鮮で金与正が存在感を増し始めたのは、今年4月に金正恩がしばらく姿を見せず、死んだか重病になったかもしれないという噂が流れたときの以来のことだ。米当局者は4月21日の本誌に対するコメントで、こうした噂は信用できないとした。また、韓国当局者も金正恩にとくに異常なことが起きたとは思わないと語っていた。金正恩は後に、南東部中部の町孫川にある肥料工場の完成式に出席し、5月1日に公の場に姿を現したことになっている。

米国務省の報道官は金与正に関する本誌の質問に直接は答えなかったが、韓国への支持を表明し、韓国との緊張を高める北朝鮮のやり方を批判した。

<参考記事>韓国を「敵」呼ばわりし、報復を示唆した北朝鮮の真意
<参考記事>【映像】北朝鮮、開城の南北共同連絡事務所を爆破 韓国統一部が確認

ニュース速報

ワールド

米ロ首脳、戦略的安定に向けた対話で合意 人権・サイ

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇し6週ぶり高値、FRBのタカ

ビジネス

FRB、利上げ予想時期23年に前倒し 量的緩和縮小

ビジネス

米、世界的なデジタルサービス税差し止めに尽力=財務

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 3

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が開発される

  • 4

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月