最新記事

人種差別

木に吊るされた黒人男性の遺体、4件目──苦しい自殺説

Four Black Men Found Hanged in LAST Month

2020年6月18日(木)18時05分
ハレダ・ラーマン

フラーの死について公正な捜査を求めるデモ隊 Ringo Chiu-REUTERS

<FBIと連邦機関が調査に乗り出した矢先、4人目の遺体が発見された>

人種差別に抗議するデモが広がるアメリカで、黒人男性の遺体が木から吊り下げられた状態で発見される事件が相次いでいる。5月31日以降、少なくとも4人の遺体が発見され、捜査当局はいずれも自殺との見方を示したが、拙速な判断に怒りの声が上がっている。

6月16日、テキサス州ヒューストンの北に位置するスプリングで、10代と見られる身元不明の黒人男性の遺体が小学校の駐車場で吊り下げられた状態で発見されたと、同州ハリス郡保安官事務所が発表した。同様の遺体が発見されたのは5月末以降、これで4件目だ。

折しもアメリカでは、コロナ禍のさなかにもかかわらず、5月25日にミネソタ州ミネアポリスで黒人男性ジョージ・フロイドが白人警官に首を押さえ付けられて死亡した事件をきっかけに、「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事)」運動が大きなうねりとなって広がっている。

この国にはかつて南部を中心に、黒人を木に吊るして集団リンチで殺す凄惨なテロがはびこった歴史がある。最近起きた4件の事件も、抗議デモの広がりにいらだつ過激な人種差別主義者の嫌がらせではないかとの見方もある。

そうした見方を打ち消すかのように、4件とも捜査当局は早々に自殺との判断を示した。

「監視カメラの映像や目撃者の証言などから、今の段階では、男性は首吊り自殺をしたと見られる」と、ハリス郡保安官事務所は16日に発見された遺体についてツイッターで発表した。「事件性を疑わせるような形跡は今のところ全く見つかっていない」

「自殺」の発表に市民は納得せず

保安官事務所のエド・ゴンザレスは、本誌の問い合わせに対し、この件に関してはそれ以上提供できる情報はないと述べた。

同じ日にはまた、先に遺体で発見された27歳の黒人男性ドミニク・アレクサンダーの死を自殺と判定した検視結果も発表された。地元メディアによると、アレクサンダーは6月9日、ニューヨーク市マンハッタン北部のフォート・トライオン公園内で木に吊り下げられた状態で亡くなっていた。通行人が発見し、警察に通報した。

本誌が監察医事務所に確認したところ、アレクサンダーの死は自殺と判定されたと、アジャ・ワーシーデービス報道官が答えた。だが地元メディアによると、多くの市民はこの判定に納得しておらず、この週末にフォート・トライオン公園で徹底的な捜査を求めるデモが行われる予定だ。

本誌の取材に対し、ニューヨーク市警の報道官は、監察医事務所の判定にかかわらず、アレクサンダーの死については引き続き捜査を行うと語った。

これに先立ち、カリフォルニア州でも同様の事件が2件報告されている。

6月10日早朝、ロサンゼルス郡パームデールの市庁舎近くの公園で、24歳の黒人男性ロバート・フラーの遺体が見つかった。この件についても、ロサンゼルス郡保安官事務所は即座に自殺との見方を示したと、メディアが伝えている。

<参考記事>自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされた黒人の遺体発見が相次ぐ
<参考記事>黒人男性の遺体が吊るされて発見された事件でFBIが再調査、一方で3人目の遺体も発見 

ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルは104円前半、国内勢の売りに押され

ワールド

中韓外相が会談、北朝鮮・新型コロナ問題で協力表明

ビジネス

10月のスーパー販売額は前年比2.8%増=日本チェ

ビジネス

豪テルストラ、先住民族に不適切販売 罰金3700万

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

  • 4

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 5

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 8

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 9

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 10

    暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 5

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 6

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 7

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 8

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 9

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 10

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 9

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

  • 10

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月