最新記事

人種差別

木に吊るされた黒人男性の遺体、4件目──苦しい自殺説

Four Black Men Found Hanged in LAST Month

2020年6月18日(木)18時05分
ハレダ・ラーマン

地元メディアによると、ロサンゼルス郡監察医事務所は当初、2度の検視でフラーの死を自殺と判定したが、その後に撤回。捜査が続行されることになったため、死因の判定も延期されたという。

当初の判定については、フラーの遺族が自殺は考えられないとして、検視のやり直しと徹底した捜査を求めていた。郡の捜査当局の拙速な判断は市民の怒りも買い、パームデールでも抗議デモが広がった。

これに押される形で、ロサンゼルス郡のアレックス・ビジャヌエバ保安官は記者会見を開き、他殺の可能性も視野に入れて、フラーの死を捜査すると発表。カリフォルニア州司法長官事務所とFBIの公民権部門が捜査を監視すると付け加えた。

ロサンゼルス郡の主任監察医ジョナサン・ルーカスは、保安官の説明を補う形で、「慎重を期すために当初の結論を撤回して、より深く捜査を行うべきだと判断し、死因の判定を延期した」が、現場には事件性を示す証拠は一切なかった、と改めて強調した。

フラーの遺族の弁護士ジェーモン・ヒックスはABCニュースに声明を寄せ、保安官事務所が「すぐさま」自殺と断定したことに、遺族と地域の人々は「激しい怒り」を感じていると述べた。

「アフリカ系アメリカ人にとって、木から吊り下げられるということはリンチを意味する。なぜこの事件が傲慢にも自殺と片付けられ、謀殺として捜査されないのか。私たちが求めているのは完全な情報開示だ」

「あなたの恋人が木に」

カリフォルニア州ではフラーの遺体が発見される10日前にも、パームデールから80キロ程離れたサンバーナディーノ郡ビクタービルで、38歳の黒人男性マルコム・ハーシュの遺体が木に吊り下げられた状態で見つかった。

ハーシュの恋人が5月31日に「あなたの恋人が木に吊るされている」と友人に知らされ、警察に通報した。

「検視官も含め、捜査官が現場に急行したが、事件性を示す証拠は見つからなかった」と、サンバーナディーノ郡保安官事務所は発表している。

保安官事務所によると、検視解剖も行われたが、法医病理学者が毒物検査の結果を待って、死因や死に至る経緯について見解を出すという。

ハーシュの遺族も、ハーシュの死が自殺と片付けられるのを懸念し、捜査当局に詳しい説明を求めている。

「自殺の可能性はどう考えてもあり得ない。私たちは都合のよい弁明ではなく、公正な裁きを求めている」と、遺族は声明を出した。ハーシュの妹ハーモニー・ハーシュはニューヨーク・タイムズに兄の死について独自に調査をするつもりだと語った。

FBIは6月15日、フラーとハーシュの両方の事件について、連邦当局が保安官事務所の捜査を精査すると発表した。

「FBIに加え、連邦検事事務所と司法省の担当部署が、パームデールとビクタービルで起きた2人のアフリカ系アメリカ人男性の縊死に関する捜査について、連邦法違反が認められるかどうか詳しい調査を進めている」

【話題の記事】
「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったので、一般の方はご注意下さい
男性190人をレイプした男、英で終身刑に その恐るべき二面性

20200623issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年6月23日号(6月16日発売)は「コロナ時代の個人情報」特集。各国で採用が進む「スマホで接触追跡・感染監視」システムの是非。第2波を防ぐため、プライバシーは諦めるべきなのか。コロナ危機はまだ終わっていない。

ニュース速報

ワールド

NZ、コロナ感染疑い例が新たに4人 行動制限巡り1

ビジネス

メキシコへの外国観光客、上半期は前年比41%減 新

ビジネス

キャセイ航空、上半期赤字は12.7億ドルで過去最大

ワールド

豪ビクトリア州、新型コロナ死者が過去最多 新規感染

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月