最新記事

感染経路

おしゃべりで飛んだ飛沫は空中に8~14分漂う

2020年5月29日(金)17時55分
松丸さとみ

くしゃみはもちろんだが、通常のおしゃべりでも飛沫が飛ぶ pabst_ell-iStock

<咳やくしゃみをしたときに出る飛沫が飛ぶことは知られているが、通常のおしゃべりでも飛沫が飛ぶことがわかった......>

無症状感染者との会話が感染経路に?

おしゃべりをしたとき、口から飛び出した飛沫は、その後空中に8分以上漂っていることが、最新の実験により明らかになった。米ペンシルベニア大学や米国立衛生研究所(NIH)の研究者らが行ったもので、結果は米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載されている。

新型コロナウイルスなどの呼吸器系ウイルスは、咳やくしゃみをしたときに出る飛沫から感染することは、多くの人が知っている。しかし研究者らは、通常のおしゃべりでも飛沫が飛ぶことはそこまで知られていないと指摘。また、新型コロナウイルスの無症状感染者が会話をしていたときに飛んだ飛沫が、感染経路になったと考えられるケースも増えている、と説明している。

そこで研究チームは、レーザー光散乱法を使い、人が話したときに口から出る小さな飛沫がどのくらいの時間、空中に漂うかを調べた。実験では、外から空気が入らない箱を作り、そこに向かって男性に25秒間、大声で話してもらった。その際、飛沫を箱内で均等に拡散させるために、話している間と話し終わってから10秒間、箱内に設置した扇風機を回した。

この際、大声で話す人は、「健康でいる」(stay healthy)という言葉を繰り返した。このフレーズを選んだ理由は、「healthy」の「th」の音が、話す際に飛沫を発生させやすい音だからだという。

ウイルスを含む飛沫1000粒以上が8分以上漂う

研究者らは、大声で話した際に出た飛沫の数を計測。さらに、4月に英科学誌ネイチャーに掲載された、コロナウイルス感染者の唾液に含まれる平均的なウイルスの量を示した論文をもとに、このときに飛んだ飛沫にどのくらいのウイルス粒子が存在することになるかを計算した。そこから、ウイルスに感染している人が大声で話した場合、ウイルス粒子が含まれる飛沫は、1分あたり1000粒以上に達すると推測した。

こうした飛沫は、口から飛び出た後、空中に8~14分の間、漂うことが分かった。もしそこにいる誰かがそれを吸い込んだ場合、飛沫に含まれるウイルスから感染する可能性があると研究チームは指摘。そのため、通常の会話でも、閉め切った場所であればウイルスに感染する可能性は大いにあるとしている。

ただし研究チームは今回の数値について、かなり保守的に出していると説明している。実際には、前述の4月の実験で示された平均的な数値よりも感染力が高い人もおり、その場合、ウイルス粒子を含む飛沫は、1分あたり10万粒以上に及ぶ可能性もあるとしている。

また、実験は空調や室温の変化を考慮していない。そのため、実際の生活の状況において、かならずしも同じ結果になるわけではないと研究チームは説明している。

とはいえ、マサチューセッツ工科大学(MIT)のテクノロジー誌論文は、今回の実験で分かったもっとも重要な点は、自宅を出るときは、たとえどのような状況であれマスクをすることだと警告している。

ニュース速報

ワールド

ロシア、3000人以上を拘束 ナワリヌイ氏釈放へ全

ビジネス

米上院委、イエレン財務長官の指名承認 25日に本会

ワールド

トランプ氏弾劾裁判、2月8日の週に開始 米上院与野

ワールド

バッハIOC会長、東京五輪実現へ決意表明 「見通し

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 10

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月