最新記事

米軍

新型コロナ感染SOSを発した空母艦長を解任──生命より規則を優先する米軍

2020年4月6日(月)18時10分
ウィリアム・アーキン(ジャーナリスト、元陸軍情報分析官)

空母セオドア・ルーズベルトは現在、グアムに寄港中 NGUYEN HUY KHAM-REUTERS

<空母セオドア・ルーズベルトを下船するクロージャー艦長に何百人もの乗組員は拍手喝采。米軍が守ったのは、現場の隊員ではなく「秘密主義」のほうだった>

米原子力空母セオドア・ルーズベルトの乗組員がフェイスブックに投稿した動画は、同艦のブレット・クロージャー艦長の解任について軍高官と現場の隊員たちの認識の違いをあらわにした。

動画には、何百人もの乗組員が甲板を埋めて、艦長の職を解かれて下船するクロージャーに盛大な拍手を送ったり、歓声を浴びせたりする様子が映っている。「これこそ部下思いの史上屈指の偉大な艦長を見送るのにふさわしい方法だ」と、動画のナレーションは述べている。

米海軍がクロージャーを解任した建前上の理由は、艦内での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に注意を喚起し、対策を求める書簡を広範囲に送付するという「極めて稚拙な判断」をしたことだ。

「それにより、同艦がいざというときに出動可能なのか疑念が生まれてしまった」と、トーマス・モドリー海軍長官代行は述べている。「隊員の家族の間で隊員の健康に対する不安が高まった」

書簡の内容は、サンフランシスコ・クロニクル紙に掲載された。それによると、クロージャーは4800人の乗組員を守るための隔離と治療を主張。そうした措置を行わなければ、艦内で新型コロナウイルス感染が急速に拡大すると警告した。

部下の健康と安全についての不安を公にしたクロージャーが解任された背景に、政府上層部からの政治的な圧力が働いたとしても不思議でない。しかし、今回の出来事は、厳格な規律と秩序を重要視する軍特有のルールを浮き彫りにするものでもある。

軍とはそのような組織なのだ。実際、規則違反を理由に司令官の職を解かれた上級将校は、今年に入ってから既に10人に上る。

国防総省上層部はこの2週間ほど、米軍内の新型コロナウイルス感染状況について新しい詳細情報を公表しない方針を徹底していた。隊員の家族から幹部まで誰もが沈黙を命じられていた。新型コロナウイルスが米軍内で広がっているのに、米軍から出てくる情報量は大幅に減っている。

書簡の中でクロージャーは、いま部下の安全を優先させるべき理由として「現在は戦争中ではない」ことを挙げた。しかし皮肉な話だが、戦争中ではないからこそ艦長を解任されたのだ。平時の軍は、厳格な上下関係と指揮命令系統を守り通そうとする。

内部の問題を組織外に公表したクロージャーの行動は、軍隊においては「大罪」にほかならない。軍はそのような行為を決して許さない。戦時に備え、平時に規則と指揮命令系統の重要性を肝に銘じさせるためだ。

ニュース速報

ビジネス

東京ディズニーランド・シー、臨時休園を継続=OLC

ワールド

モスクワ、1日から封鎖を一部緩和 新型コロナ感染者

ワールド

中国全人代の決定受け香港情勢深く憂慮、注視していく

ワールド

第2次補正予算案、来週早々にも国会に提出したい=安

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 5

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月