最新記事

「カニなどの生物が海洋ウイルスを除去する働きをもつ」との研究結果

2020年4月8日(水)19時15分
松岡由希子

海洋環境には無数のウイルスが存在する...... borchee-iStock

<海水1ミリリットル中に1000万ものウイルスが含まれることもある。そしてこのほど、海洋で生息する非宿主生物が、海中のウイルスを除去する働きを持っていることが明らかとなった>

海洋環境には無数のウイルスが存在する。米オハイオ州立大学の研究チームが2019年4月に発表した研究論文では19万5728種の海洋ウイルスが特定されているが、これらはほんの一部にすぎない。

海水1ミリリットル中に1000万ものウイルスが含まれることもある。そしてこのほど、海洋で生息する非宿主生物が、海中のウイルスを除去する働きを持っていることが明らかとなった。

ナミイソカイメンはウイルスを効果的に除去し続けた

オランダ海洋研究所(NIOZ)の研究チームは、カニや牡蠣、海綿動物など、海洋で生息する10種類の非宿主生物を対象にウイルスの除去効果を評価し、その結果を2020年3月23日、オープンアクセスジャーナル「サイエンティフィック・リポーツ」で公開した。

研究チームは、植物プランクトン「ファエオキスティス・グロボサ」に感染する海洋ウイルス「PgV-07T」を用い、イソギンチャク、フジツボ、カニ、ザルガイ、ムール貝、牡蠣、ホヤ、ナミイソカイメン、カイアシ類の成体、多毛類の幼虫の10種類の非宿主生物においてウイルス量が減少するかどうか検査した。

その結果、フジツボ、ムール貝、カイアシ類以外の非宿主生物では「PgV-07T」のウイルス量に有意な変化が認められ、ウイルス感染から防御する働きがあることがわかった。なかでも、ナミイソカイメンは、3時間でウイルス量を94%軽減し、24時間で98%まで減少させた。同じく24時間でカニは90%、ザルガイは43%、牡蠣は12%、それぞれウイルス量を減少させている。

ウイルス量を大幅に減少させたナミイソカイメンを対象に、一定期間にわたってウイルス量を減少させ続ける働きがあるのかどうかも検証した。20分ごとに6時間にわたって「PgV-07T」を与えたところ、ナミイソカイメンはこのウイルスを効果的に除去し続けたという。

非宿主生物のウイルス除去作用は、これまで見落とされてきた

研究論文の筆頭著者であるオランダ海洋研究所のジェニファー・ウェルシュ客員研究員は、「実際の海洋環境は、実験室よりもずっと複雑で、これら10種類の非宿主生物にも様々な生物が生息し、相互作用している」としながらも「非宿主生物のウイルス除去作用は、これまでウイルス生態学において見落とされてきたのではないか」と指摘している。また、一連の研究成果は、水産養殖における感染症対策にも応用できるのではないかもと考えられている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

焦点:SNS標的の米大統領令、「実効性なし」の指摘

ビジネス

完全失業率4月は2.6%、2年4カ月ぶり高水準 コ

ビジネス

独VW監査役会、米フォードとの提携事業を承認

ビジネス

小売業販売4月は13.7%減、マイナス幅過去2番目

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月