最新記事

韓国社会

韓国、新型コロナウイルス感染拡大の元凶? 信者24万人の「新天地イエス教団」とは

2020年3月7日(土)18時30分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

新型コロナウイルス感染拡大の元凶とされる新天地イエス協会教会のイ・マンヒ教主。腕には金色の時計が見える Yonhap News - REUTERS

<とうとう感染者7000人を突破した韓国のコロナウイルス禍。国家の非常事態を起こしたのは、信心深い国民性で信者を増やした新興教団だった>

全世界で新型コロナウイルスの拡散は勢いを増し、いまだ収まる気配はない。韓国ではついに感染者が7,000人を超えてしまった(3月7日夕方時点)。増え続ける感染者の数字と終息のめどがなかなかつかないなか、韓国国民たちの苛立ちはひとりの感染拡散者とある宗教に向けられている。

感染者の行動は丸裸に

韓国では、感染拡大が心配され始めた頃から、個人情報ともいえるほどの詳しい感染経路公開を早い段階で行っていた。その中で、"31番目の感染者"と言われている61歳の女性が、2月10日の時点で新型コロナウイルス感染の症状が見られたものの、入院していた病院を抜け出して宗教活動を続けていた。これが結果的に大邱市での爆発的な感染に繋がったとされている。その宗教というのが、今韓国で注目を集めている「新天地イエス協会」だ。

新天地イエス教会は、1984年教主であるイ・マンヒによって創設された。"イエス"とはいうものの、一般的なキリスト教とは違い、ヨハネの黙示録を中心に聖書を勝手に解釈し、教団本部のある京畿道果川市を"聖地"と位置づけ、韓国では代表的な新興宗教だと認識されている。

いつか最後の審判がやってくると信じており、天国に行くための席を獲得できる点数稼ぎのため、信者は他の宗教信者を改教させ、信者を増やしているという。今回の新型コロナウイルスの感染拡大では、新天地イエス教会の礼拝が、教徒同士が床に隣り同士に近い状態で座るため、感染しやすい状況ができたといわれている。

教団信者からの感染が確認された後、拡大を阻止するため大邱市など教団施設がある自治体が信徒の名簿提出を求めたが、教団側は提出を遅らせたり、虚偽の内容を報告したり、さらに禁止された集会を教団施設外でこっそり行っていたなど、さまざまな問題が噴出。世論による批判が集中してきたため、新天地イエス教会側は3月2日、教主が教団本部前で記者会見を行った。

ニュース速報

ワールド

米民主バイデン氏「核実験の検討は無謀」 政権が協議

ワールド

フィリピン、首都マニラの封鎖6月から緩和 感染者は

ワールド

コロナ対策の郵送投票、共和党員は民主党員より懐疑的

ビジネス

都区部コアCPI5月は+0.2%と予想外の上昇、巣

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月