最新記事

2020米大統領選

米民主党候補者選び、ヤマ場のスーパーチューズデー迫る 新投票制度のカリフォルニアは混乱必至

2020年2月29日(土)15時00分

米大統領選の民主党候補選定は、14の州の予備選・党員集会が集中する3月3日の「スーパーチューズデー」が一つのヤマ場だ。写真はサウスカロライナ州チャールストンで行われた民主党候補者のディベート。2月25日撮影(2020年 ロイタ/Randall Hill)

米大統領選の民主党候補選定は、14の州の予備選・党員集会が集中する3月3日の「スーパーチューズデー」が一つのヤマ場だ。特に注目を集めるのは大票田のカリフォルニア州だが、州の投票制度が今回、大幅に変更されたことから、アイオワ州党員集会での大混乱の二の舞になるのではとの不安が広がりつつある。

気が気でないのは選挙運営に携わる人々だ。カリフォルニア州オレンジ郡の民主党の選挙責任者ニール・ケリー氏も眠れぬ夜を過ごしている。心配するのも無理はない。何しろ2月3日に全米で最初に行われたアイオワ州の民主党党員集会は、集計アプリの不具合その他から最終結果公表が何日も遅れてしまった。そのため、他州の担当者たちは同じ過ちを繰り返すまいと必死になっている。

カリフォルニア州の場合、予備選の結果が全体に及ぼす影響が際立って大きい。民主党の大統領候補を決める第1回投票で当選のために獲得が必要な代議員は1991人。カリフォルニア州予備選に勝てば、この2割強に相当する全米最多の415人が手に入る。

さらに今回、同州の予備選は開催時期も4年前の6月からスーパーチューズデーに前倒しされた。言い換えれば、もし同州予備選で大規模なトラブルが発生すれば、混乱の度合いはアイオワとは比べものにならない。

そのカリフォルニア州で人口が多いいくつかの郡が、独自の新たな投票システムを導入。郵送による投票や期日前投票の利用拡大への期待のもと、予備選当日の投票所は何千カ所も減らす構えだ。

新システムに伴う問題

カリフォルニア州で投票制度が変わったのは、2016年に州が制定した法令に由来する。全58の郡が参加するかを選べるとされた新制度は、登録有権者2050万人にとって投票しやすくなり、投票手段も融通が効くような選挙を実現するのが狙いだ。18年の選挙で5郡が新制度を導入、今年さらに10郡が加わろうとしているため、同州の有権者の半分近くをカバーする格好となっている。

同州で最大となる540万人もの有権者を擁するロサンゼルス郡は、独自に同様の制度を採用し、新たな投票機械も導入した。しかし、既に厳しい目にさらされている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

パレスチナ人数十人死亡、イスラエル軍のガザ攻撃で

ビジネス

全国コアCPI4月は+2.2%、2カ月連続で伸び縮

ビジネス

メキシコGDP、第1四半期は前期比0.3%増 予想

ビジネス

三菱電とアイシン、新会社設立で協議=電動化事業で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中