最新記事

軍事同盟

フィリピン、米軍との地位協定破棄を通告 暴走するドゥテルテの真意は?

2020年2月14日(金)19時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

ドゥテルテ大統領は訪問米軍地位協定破棄を米国に通告したが…… REUTERS

<南シナ海進出を狙う習近平へのプレゼント? ドゥテルテの真の狙いはどこに──>

フィリピンのドゥテルテ大統領が米軍のフィリピンでの軍事演習などを決めた「訪問米軍地位協定(VFA)」の一方的な破棄を2月11日に米国に通告した。協定は通告後180日を経過すると自動的に無効となる。

今回のVFA破棄に関しては国軍などを中心にフィリピンの安全保障への影響を危惧する声が根強かったが、ドゥテルテ大統領は「(米軍との協定を破棄しても)中国がフィリピンに攻めてくるわけではない」(10日)などとしてその影響が深刻でないとの見方を示し、一方の米トランプ大統領も12日に「フィリピンが決めたことである。米としても多くの経費を節約できるだけだ」と意に介さない姿勢を見せ、安全保障面での両国関係の冷え込みが危惧されている。

ドゥテルテ大統領が正式にVFA破棄に踏み切った背景には、「フィリピンで罪を犯した米兵の裁判権がフィリピン側に基本的にない」「米兵に偏った特権が与えられている」など、同協定がフィリピンにとって不平等な内容となっていることも理由と指摘されている。

しかし、破棄の姿勢を最終的に固めた直接の動機としては、ドゥテルテ大統領が2016年の大統領就任以来積極的に進めている麻薬対策との関連がある。

麻薬戦争に対する米からの批判が背景に

麻薬取締の現場で捜査官などによる令状なしの発砲、抵抗した容疑者の射殺などの超法規的措置というドゥテルテ大統領 による強硬手段は米政府から「法的手続きによらない捜査手法は人権侵害の懸念がある」などとの批判をこれまで何度も招いていた。

そうしたこれまでの経緯に加えて1月に麻薬捜査の陣頭指揮を執ってきた1人で、ドゥテルテ大統領とも親しい元国家警察長官のデラロサ上院議員が米国入国に必要な査証(ビザ)を米側に申請したところ、米当局から拒否されたことが明らかになったことが関係しているといわれている。

麻薬捜査の違法性を指摘し続けてきた米は2019年12月に上院がフィリピン政府高官の米国入国制限や資産凍結を内容とする決議を採択した。今回のデラロサ上院議員のビザ拒否もこの決議に基づくものといわれている。

VFAの破棄問題は実は古くて新しい問題で、これまでにもフィリピン政府はその不平等性や予算の面から破棄をちらつかせながら、内容の平等化を米側との交渉のテーブルに乗せようとしてきた。

しかし、南シナ海での中国による海軍増強、領有権問題がある島の軍事基地化などその脅威の高まりを受けて、実質的な破棄に踏み切れなかったという背景もある。

今回も破棄の意向を口にしたドゥテルテ大統領に対して軍部を中心に反対論や慎重論が噴出したが、依然として約80%と国民からの高い支持率を背景にしたドゥテルテ大統領の決断で破棄決定となった。

破棄に関してエスパー米国防長官は「間違った方向への動きだ」とけん制したが、デルフィン・ロレンザーナ比国防相は「米の(軍事的)支援がなくてもフィリピン軍は任務を全うできる」としてドゥテルテ大統領を支持する姿勢を示した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=まちまち、好業績に期待 利回り上昇は

ビジネス

フォード、第2四半期利益が予想上回る ハイブリッド

ビジネス

NY外為市場=ドル一時155円台前半、介入の兆候を

ワールド

英独首脳、自走砲の共同開発で合意 ウクライナ支援に
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中