最新記事

感染症

韓国、新型ウイルス感染161人増加で累計763人・死者7人に 中国は新たな感染減少も死者増加

2020年2月24日(月)17時42分

韓国の保健当局は、新型コロナウイルスの国内の感染者について、新たに161人が確認され、累計763人になったと発表した。写真は23日、韓国南東部・大邱市の病院に新型ウイルス感染者を搬送する救急車。聯合ニュース提供(2020年 ロイター)

韓国の保健当局は24日、新型コロナウイルスの国内の感染者について、新たに161人が確認され、累計763人になったと発表した。同国政府は前日に、感染の警戒レベルを最高水準に引き上げている。中国本土では新たな感染者が前日から減少したものの、新たな死者は増加した。

韓国疾病予防管理局(KCDC)によると、新たな感染者のうち115人は南東部・大邱市の教会と関わりがある。同教会では礼拝に参加した「31人目の患者」とされる61歳の女性から陽性反応が出ている。

KCDCはまた、大邱に隣接する清道郡の病院に入院していた新型ウイルス感染の62歳の男性患者が死亡したと報告。7人目の死者となった。大邱と清道郡はともに、ここ数週間で感染者が急増している。

当局は、「31人目の患者」に直近の海外渡航歴がないことから、同患者を含め、足元で感染が広がっている原因を引き続き調査している。

中国国家衛生健康委員会は24日、中国本土の新型コロナウイルスの新たな感染者が23日は409人だったと明らかにした。22日の648人から減少した。

ただ、23日の新たな死者は150人と、前日の97人から増加した。

これまでに本土で確認された感染者は累計7万7150人、死者は2592人となった。

湖北省では23日の新たな感染者は398人、死者は149人だった。

中国財政省の欧文漢部長助理は24日の記者会見で、新型ウイルスの感染拡大抑制のために995億元(141億6000万ドル)の資金を割り当てたと明らかにした。

感染が最も深刻な武漢市は24日、極めて重要な場合に限り、健康な人が市内から外に出ることを認めると発表したが、その後、発表は許可なく行われたとして撤回した。

その上で、さらなる感染拡大を阻止するために引き続き市外への人の移動を厳しく制限すると表明。先の発表を行った複数名を戒告処分としたと明らかにした。

*武漢市に関連する情報を更新しました。

[ソウル/上海/北京 24日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【関連記事】
・「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ」=菅官房長官
・新型ウイルス世界各地で感染広がる WHO「封じ込め逸すれば深刻な問題に」 
・感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「インフル猛威」のなぜ


20200225issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月25日号(2月18日発売)は「上級国民論」特集。ズルする奴らが罪を免れている――。ネットを越え渦巻く人々の怒り。「上級国民」の正体とは? 「特権階級」は本当にいるのか?

ニュース速報

ワールド

独が伊・スイスなどに渡航自粛勧告、スキーリゾート打

ビジネス

英中銀、マイナス金利導入の態勢にはない=ハルデーン

ビジネス

独アディダス、リーボックの売却検討=現地誌

ワールド

米国による中国メディアの宣伝組織認定、対抗措置取る

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 6

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 7

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 8

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 9

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 10

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月