最新記事

疑惑

サウジ皇太子、アマゾンCEOベゾスのiPhoneをハッキング? 殺害事件と関連か

2020年1月23日(木)11時40分

国連の特別報告者は、ジェフ・ベゾス氏(写真)の携帯電話がハッキングされた問題で、サウジのサルマン皇太子が関与した可能性を示す情報を入手したと明らかにした。写真はワシントンで2018年9月撮影(2020年 ロイター/Joshua Roberts)

国連の特別報告者2人は22日、米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏の携帯電話が2018年にハッキングされた問題で、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子が関与した可能性を示す情報を入手したとし、米国など関係当局に早急に捜査するよう求めた。

2人はアニエス・カラマール氏(超法規的処刑問題担当)とデービッド・ケイ氏(表現の自由担当)。特別報告者は国連から独立した立場で調査を行い、国連人権理事会に報告する。

捜査要請に法的拘束力はなく、米当局が速やかに要請に応じるかどうかは不明。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、米連邦捜査局(FBI)が同ハッキング問題について捜査を進めていると報じた。FBIはコメントを控えた。

特別報告者は捜査を要請する根拠として、米国を拠点とするFTIコンサルティングによる調査報告を挙げた。報告は、ベゾス氏のスマートフォン「iPhone X」が、サルマン皇太子のワッツアップのアカウントから18年5月1日に送られた悪意ある動画ファイルを通じてハッキングされたとしており、この調査結果は「中程度から高度の信ぴょう性」があると結論づけている。

調査報告の内容は最初に、ニュースサイト「マザーボード」によって報じられた。報告によると、この動画ファイルを受信してから数時間後にスマホの動きが極端に変わり、発信データが300倍近くに膨れたという。

FTIコンサルティングは調査の詳細に関する問い合わせに応じていない。

数カ月後にはカショギ氏殺害事件

ハッキングはベゾス氏が所有する米紙ワシントン・ポストのコラムニストでサルマン皇太子に批判的だったサウジの著名記者ジャマル・カショギ氏が18年10月に殺害される数カ月前に起こったとされている。

サウジのファイサル外相はスイスのダボスでロイターの取材に応じ、サルマン皇太子の関与を否定。「皇太子がベゾス氏の電話をハッキングすると考えるのは全くばかげている」と述べた。

在米サウジ大使館はツイッターへの投稿で「すべての事実を明確にするよう、調査を求める」とした。

ベゾス氏はツイッターでカショギ氏の葬儀に出席した際の自身の写真を掲載し「ジャマル」とだけ記した。

国連報告者はハッキングで使われた技術を特定していないが、イスラエルのNSOグループあるいはイタリアのスパイウエア会社「ハッキング・チーム」のソフトが使われた可能性があるとしている。

NSOは自社のソフトが使われた可能性を否定した。

不倫報道との絡みは不明

タブロイド紙「ザ・ナショナル・エンクワイアラー」は昨年1月にベゾス氏と不倫関係にあるとする元テレビキャスターが交わしたテキストメッセージを報じており、3月にベゾス氏のセキュリティー担当責任者は、サウジ政府がメッセージを提供したと述べていた。今回明らかになったハッキング疑惑を受け、テキストメッセージが同紙に漏れた経緯に一段と注目が集まるとみられる。

サルマン皇太子のハッキングへの関与は、英紙ガーディアンが最初に報じた。

[サンフランシスコ/ワシントン ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20200128issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年1月28日号(1月21日発売)は「CIAが読み解くイラン危機」特集。危機の根源は米ソの冷戦構造と米主導のクーデター。衝突を運命づけられた両国と中東の未来は? 元CIA工作員が歴史と戦略から読み解きます。

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル2カ月ぶり高値、FRBのタカ派見

ビジネス

FRBのリバースレポ取引額、7558億ドルと最高 

ワールド

原油先物は約2%安、FRBタカ派化受けたドル高が重

ビジネス

米、台湾に「極めて近い将来」75万回分のワクチン提

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 8

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月