最新記事

中南米

麻薬都市メデジンがスマートシティーに──南米版ルネサンスの軌跡

The Medellín Miracle

2019年12月6日(金)17時20分
デービッド・フリードマン

2004年に開通したロープウエーは貧困層のライフラインにもなっている JOHN CRUX PHOTOGRAPHY-MOMENT OPEN/GETTY IMAGES

<貧困と犯罪にまみれたカルテルの本拠地メデジンが豊かで暮らしやすい町に変身を遂げた奇跡の裏側>

満員の客を乗せたロープウエーのゴンドラが、急な山の斜面を上がっていく──多くの人にとってはスキーリゾートを思わせる光景かもしれない。だがコロンビアの都市メデジンを囲む山の斜面は、かつてスラムだった貧しい地域だ。ここに暮らす人々にとって、ロープウエーは生命線であり、テクノロジーとデータに導かれて見事に生まれ変わったこの町の力強いシンボルでもある。

メデジンを生まれ変わらせるのに一役買った「技術」は、今はやりの自動運転車でもなければ人工知能(AI)でもない。それは最も効果が出る場所に新しいテクノロジーをどう導入するか、十分な情報に基づいて決めるためのデータ収集であり、格差解消につながる変化への支持を各方面から取り付けることだった。都市のスマート化について話し合う専門家の会合では、メデジンはしばしば都市の変革ビジョンを評価する物差しとして語られる。

スマートシティー計画というと、テクノロジーの知識があってリソースにも恵まれた人々が担い手であり、受益者でもあるケースが多い。だがメデジンの場合はほとんどの施策が、最も恵まれない層に焦点を当てたものだった。「スマートシティー化は中央で計画され、テクノロジー企業主導で進む傾向がある」と、世界各地のスマートシティーについて研究している英エディンバラ大学のソレダ・ガルシアフェラリ上級講師は言う。「メデジンは社会のあらゆる層を巻き込んで、コミュニティー自身が主導するやり方を模索した」

メデジンは長きにわたって麻薬カルテルの本拠地として世界にその名を知られていた。そんなメデジンがスマートシティーへの道を歩み始めたのは1990年代半ば。スマートシティーという言葉が一般的になるよりも10年以上前のことだ。

ミニ図書館が第一歩を記した

スマートシティー化は政党の異なる5人の市長に受け継がれてきた。今日では、メデジンの殺人発生率は1993年の20分の1となり、貧しい生活を送っていた住民の3分2近くが貧困状態を脱した。今ではほぼ全ての住民が教育や医療、交通機関、さまざまな文化的・経済的なサービスを完全に無料で受けている。

メデジンが生まれ変わる大きなカギとなったのは、テクノロジーそのものを目的化するのではなく、その先を見ていた市の姿勢にあるという点で、専門家の意見は一致する。メデジンは技術的・社会的な変化を日々の生活全体の改善に、それも町の隅々で(特に改善が最も必要な場所で)感じられるような形でつなげるすべを見つけたのだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

政府、対ロ追加制裁を決定 化学兵器関連物品の輸出禁

ビジネス

午前の日経平均は3日続落、景気後退懸念強まり全面安

ビジネス

米ファイザーCEO、2回目のコロナ陽性 8月に続き

ワールド

EU5カ国がロシア産ダイヤ禁輸提案、取引拠点ベルギ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    Google元エンジニアは言う──彼が開発したAIには、確…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 10

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月