最新記事

寄生

ハエに寄生した菌が、ハエを支配し、胞子を飛散させるメカニズムを分析

2019年11月5日(火)18時10分
松岡由希子

ハエカビはハエに寄生し支配する...... NobbiP via Wikipedia

<ハエ類に寄生し、脳に感染して行動を支配し、体内から栄養を奪ってやがて死に至らしめるハエカビ。デンマーク工科大学などの研究チームがこの「射出胞子」のメカニズムを分析した......>

菌類の一種であるハエカビは、イエバエなどのハエ類に寄生し、脳に感染して行動を支配し、体内から栄養を奪ってやがて死に至らしめる。また、宿主であるハエ類が死ぬ直前には、可能な限り高いところに登らせて、胞子と液体で満たされた「射出胞子」を胞子を広く散布させる。

「射出胞子」は、内部の圧力が一定レベルにまで上昇すると"カノン砲"のように胞子を含む液体が外部へ打ち出される性質を持つが、そのメカニズムについてはまだ完全に解明されていない。

ハエカビの「射出胞子」を模倣した小型の「ソフトカノン砲」を設計

デンマーク工科大学(DTU)、コペンハーゲン大学、蘭ワーヘニンゲン大学(WUR)の共同研究チームは、エラストマー素材を使ってハエカビの「射出胞子」を模倣した小型の「ソフトカノン砲」を設計し、液体の量や圧力を変えるシミュレーションを通じて、ハエカビの「射出胞子」のメカニズムを分析した。

研究成果は、2019年10月30日、英国王立協会の学術雑誌「ジャーナル・オブ・ザ・ロイヤル・ソサエティ・インターフェース」で公開されている。

研究チームでは「胞子が大きくなるほど、射出速度が遅くなる」との仮説のもと、射出速度を最適化する胞子のサイズを調べた。その結果、ハエカビの胞子とほぼ同等の約10マイクロメーターが最適であることがわかった。この程度の小さな胞子であれば、気流によって持ち上がり、微風でも移動できるというわけだ。

また、ハエカビの「射出胞子」は、空力抵抗があるにもかかわらず、数センチの範囲内に胞子を飛散させる。研究チームが超高速ビデオカメラを使ってその射出速度を調べたところ、推定秒速10メートルであることが明らかとなった。

胞子のサイズや射出速度が最適化されている

これらの研究結果によれば、ハエカビの「射出胞子」は、胞子を広く飛散させるために、胞子のサイズや射出速度が最適化されていることがうかがえる。

なお、米ノースカロライナ州立大学の研究チームが2002年に発表した研究成果によると、イエバエの雄は、ハエカビに感染して死んだ雌に惹き付けられる性質があるという。どうやらハエカビの「射出胞子」の準備が整う頃には、新たな宿主がすぐそばまで近づいてくるようだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

豪消費者信頼感指数、12月は1.9%低下 

ビジネス

仏金融市場庁、国債価格操作でモルガンSに2200万

ビジネス

米カルパース、運用資産の2割に気候変動リスク 初め

ビジネス

香港の反政府デモ、台湾総統選に「利用」していない=

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 2

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お台場に懸念の米水泳チームが訴え

  • 3

    筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人筋トレ」の最終形

  • 4

    日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員…

  • 5

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 6

    フィンランド、34歳女性首相に託されたリベラルを救…

  • 7

    米下院のウイグル人権法案、中国が香港問題以上に反…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    対中感情が欧米で悪化──米加は過去最悪(米調査)

  • 10

    「生理ちゃんバッジ」に中国人が賛成だった理由

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 9

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 10

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月