最新記事

トラブル

あなたの英語Tシャツは大丈夫? 飛行機に乗れないことも......

2019年10月25日(金)15時00分
安部かすみ

サウスウェスト航空では搭乗禁止の騒ぎに

アメリカではこのような騒動は、頻繁とはいかないまでも、たびたび起こっている。

2015年にも同様の騒動があった。ダラス発シカゴ行きのサウスウェスト航空で移動していたニューヨークの大学生、ダニエル・ポドルスキーさんは、悪天候のためセントルイスのランバート国際空港に緊急着陸し、足止めされていた。

ポドルスキーさんも、「Broad (F-word) City」(ブロード(Fワード)シティ)という、意味深なTシャツをこの日着ていた。(アメリカではFワードはメディアや公の場で、かなり厳しく使用が規制されている)

FOX 2 St. Louis


毎年恒例の一大フェスティバル「SXSW」(サウス・バイ・サウスウェスト)で配布されたコメディショウの宣伝Tシャツだったそうで、ポドルスキーさんはランバート国際空港に到着するまで、Tシャツの上にジャケットを羽織っていた。

しかし到着後にジャケットを脱ぎ、再び飛行機に搭乗しようとしたところ、Fワードが下品だとして係員に止められた。

着替えるか、シャツを裏返しに着るか、ジャケットを羽織るか指示されたが、ポドルスキーさんは「言論の自由」や「このメッセージが誰かを攻撃しているわけではない」ことを主張して、係員の指示に従わなかったため、搭乗拒否されることになった。

「かっこいい」と何気なく買っていませんか?

少し古い記事だが、「29 T-Shirts You Must Never, Ever Wear」(絶対に着てはいけない29のTシャツ)という見出しで、バズフィードが気軽に着れないTシャツの記事をまとめている。

これらのTシャツは、日本人からすると一見かっこよかったり、笑える英語のメッセージTシャツに映ることもあるかもしれない。しかし英語の意味を一つずつ考えると、過度の下ネタ、下品なメッセージ、テロを想像させる内容など、飛行機やビジネスの場では決して安易に着れるものではない。

厄介なのは、これらの物議を醸しそうなメッセージTシャツは、意外と身近なところで販売されているということだ。

冒頭の「Rope. Tree. Journalist. Some assembly required」のTシャツは、同じデザインのものが、大手小売チェーンのウォールマートでも販売されていたことが確認されている(同店では2017年に販売中止になった)。

観光で英語圏を訪れた際に、観光客向けのショップや露天などで「軽いジョーク」英語のTシャツを見かけることも多いだろう。安いから、面白いからと安易な気持ちで購入し、帰国便などで着用しないように注意したい。

ニュース速報

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 6

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 8

    【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月