最新記事

東京オリンピック

東京五輪へ向けロシアのドーピング隠し?ハッカー集団が関連スポーツ機関を攻撃

Microsoft Warns Anti-Doping Organizations Against Russian Hackers

2019年10月30日(水)17時30分
ジェフリー・マーティン

昨年は7人のハッカーが反ドーピング組織の権威を失墜させようとしたとして米司法省に告発された BeeBright/iStock.

<「ストロンチウム」と名乗るロシアのハッカー集団がスポーツ組織や反ドーピング機関を攻撃、とマイクロソフトが警告>

マイクロソフトによれば、東京で開催される2020年夏季五輪に向けて、「ストロンチウム」と呼ばれるロシアのハッカー集団が、スポーツ組織や反ドーピング機関に対するハッカー攻撃を仕掛けているという。

「ファンシー・ベア」や「APT28」の名でも知られるストロンチウムは、しばしば偽のマイクロソフトのドメインを使って攻撃を実行する。このハッカー集団は、信頼できる差出人から来たように見せかけた偽造メールを送信する「スピアフィッシング」のほか、パスワード・スプレー攻撃(多数の同じパスワードを使って複数アカウントへの侵入を試みる手法)や、ファームウェア脆弱性の悪用、マルウェアの拡散などの手法を使う。

「なかには成功した攻撃もあるが、大多数は失敗に終わっている」とマイクロソフトは述べている。「マイクロソフトはすでに、こうした攻撃の標的になったすべての顧客に通知し、攻撃にさらされたアカウントやシステムのセキュリティ確保に関して、支援を求める顧客に協力している」

3大陸の16組織に及んだこのサイバー攻撃は、9月16日に始まった。世界ドーピング防止機構(WADA)が、すべての主要スポーツ大会へのロシア選手の出場禁止を検討すると発表した後のことだ。出場禁止の対象になる大会には、2020年夏季五輪のほか、2022年FIFAワールドカップも含まれる可能性がある。

<参考記事>出場停止勧告を受けたロシア陸上界の果てしない腐敗
<参考記事>韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制する韓国政府

ロシア選手また出場停止の恐れ

ロシアが組織ぐるみのドーピングを行い、自国選手の尿検体を操作していたことが明るみに出たのは、2016年のことだ。パフォーマンス向上薬物検査で陽性を示した検体が、WADAの報告書が「陽性消失手法」と呼ぶ手口のもとで消されていたのだ。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長はこの不正について、「スポーツとオリンピックの高潔さに対する前例のない攻撃」と表現した。

3年にわたる出場資格停止処分を経て、ロシアは自国選手に関する新データを再提出した。だが、WADAは提出データに多くの矛盾があると判断した。

「データが消去された形跡がある」。WADAのコンプライアンス審査委員会のジョナサン・テイラー委員長はそう述べている。「まだ仮定の話だが、専門家の現在の見解が変わらないようなら、コンプライアンス審査委員会は『コンプライアンス違反』と断定し、相応の処分を求めることになるだろう」

処分には、オリンピックなどの国際大会へのロシア選手の出場禁止も含まれるかもしれない。また、ロシアでは主要なスポーツ大会の開催が認められなくなる可能性もある。

ロシアのドーピングを暴くドキュメンタリー
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ウクライナ大統領と電話会談 「戦争終わ

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中