最新記事

東京オリンピック

東京五輪へ向けロシアのドーピング隠し?ハッカー集団が関連スポーツ機関を攻撃

Microsoft Warns Anti-Doping Organizations Against Russian Hackers

2019年10月30日(水)17時30分
ジェフリー・マーティン

昨年は7人のハッカーが反ドーピング組織の権威を失墜させようとしたとして米司法省に告発された BeeBright/iStock.

<「ストロンチウム」と名乗るロシアのハッカー集団がスポーツ組織や反ドーピング機関を攻撃、とマイクロソフトが警告>

マイクロソフトによれば、東京で開催される2020年夏季五輪に向けて、「ストロンチウム」と呼ばれるロシアのハッカー集団が、スポーツ組織や反ドーピング機関に対するハッカー攻撃を仕掛けているという。

「ファンシー・ベア」や「APT28」の名でも知られるストロンチウムは、しばしば偽のマイクロソフトのドメインを使って攻撃を実行する。このハッカー集団は、信頼できる差出人から来たように見せかけた偽造メールを送信する「スピアフィッシング」のほか、パスワード・スプレー攻撃(多数の同じパスワードを使って複数アカウントへの侵入を試みる手法)や、ファームウェア脆弱性の悪用、マルウェアの拡散などの手法を使う。

「なかには成功した攻撃もあるが、大多数は失敗に終わっている」とマイクロソフトは述べている。「マイクロソフトはすでに、こうした攻撃の標的になったすべての顧客に通知し、攻撃にさらされたアカウントやシステムのセキュリティ確保に関して、支援を求める顧客に協力している」

3大陸の16組織に及んだこのサイバー攻撃は、9月16日に始まった。世界ドーピング防止機構(WADA)が、すべての主要スポーツ大会へのロシア選手の出場禁止を検討すると発表した後のことだ。出場禁止の対象になる大会には、2020年夏季五輪のほか、2022年FIFAワールドカップも含まれる可能性がある。

<参考記事>出場停止勧告を受けたロシア陸上界の果てしない腐敗
<参考記事>韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制する韓国政府

ロシア選手また出場停止の恐れ

ロシアが組織ぐるみのドーピングを行い、自国選手の尿検体を操作していたことが明るみに出たのは、2016年のことだ。パフォーマンス向上薬物検査で陽性を示した検体が、WADAの報告書が「陽性消失手法」と呼ぶ手口のもとで消されていたのだ。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長はこの不正について、「スポーツとオリンピックの高潔さに対する前例のない攻撃」と表現した。

3年にわたる出場資格停止処分を経て、ロシアは自国選手に関する新データを再提出した。だが、WADAは提出データに多くの矛盾があると判断した。

「データが消去された形跡がある」。WADAのコンプライアンス審査委員会のジョナサン・テイラー委員長はそう述べている。「まだ仮定の話だが、専門家の現在の見解が変わらないようなら、コンプライアンス審査委員会は『コンプライアンス違反』と断定し、相応の処分を求めることになるだろう」

処分には、オリンピックなどの国際大会へのロシア選手の出場禁止も含まれるかもしれない。また、ロシアでは主要なスポーツ大会の開催が認められなくなる可能性もある。

ロシアのドーピングを暴くドキュメンタリー

ニュース速報

ワールド

香港最高裁の豪州国籍判事が辞任、国安法への懸念で

ビジネス

コロナ禍でもグローバリゼーションは続く=日銀総裁

ワールド

中国軍機18機が台湾識別圏に入る、海峡付近で演習 

ワールド

英国でコロナ感染拡大 保健相は全土ロックダウン明言

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 2

    中国とのライバル関係を深刻に扱うべきでない理由

  • 3

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 4

    ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    ツイッター、トランプの投稿にイエローカード バイデ…

  • 7

    ファイザーの新型コロナワクチン後期試験、被験者に…

  • 8

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 9

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 10

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 4

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

  • 5

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月