最新記事

リスク管理

カナダのトルドー、「人種差別」報道へどう向き合って反転攻勢かけたか

2019年10月9日(水)17時36分

2日謝罪して仕切り直し

首相の航空機は9月18日のその後離陸し、ウィニペグに到着した首相一行は、同行記者団とは別のホテルに向かい、その後12時間記者団と連絡を絶つという異例の対応を取った。

側近らは、19日に予定していた教育政策についての発表のキャンセルを決断。トルドー氏は側近らに対し、直ちに選挙関係の発表に戻るのは避けたいと告げた。「『過去のことについては本当に申し訳ありませんでしたが、もっと重要なお話があります』なんて演説はしたくない」と首相が発言したと、側近の一人は振り返る。

選挙に関してならトルドー氏の記者会見は通常15─20分で終わるが、ウィニペグでは参謀らのいつもの助言に反し1時間近くも記者からの質問に答えた。

次の遊説地サスカトゥーンでは、その夜の自由党支持者らに向けた選挙の決起大会を中止し、だれでも質問できる公民館での集会に切り替えた。

選挙戦に関わる自由党関係者は「選挙の決起大会をするのは非常にまずい状況だった。彼(トルドー氏)はペナルティーボックス(アイスホッケーで反則選手が座る待機席)に入っているのだから」と解説した。

しかし2日間の謝罪を終え、反撃の準備は整った。トルドー氏はその後3日間で主要な政策を4つ相次いで打ち出した。

20日にトロントで銃規制策を発表すると、翌日には主要全国紙の一面トップが顔の黒塗り写真ではなく銃規制のニュースで飾られた。

世論調査会社ナノス・リサーチのニック・ナノス氏は、選挙までに支持率を上げる時間が残されているため、自由党は幸運だと指摘。「選挙戦の最終週にこれが起こっていたら、われわれはアンドルー・シアー(保守党党首)首相で決まりだと話していただろうね」と語った。

David Ljunggren

[オタワ(加オンタリオ州) ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます




20191015issue_cover200.jpg
※10月15日号(10月8日発売)は、「嫌韓の心理学」特集。日本で「嫌韓(けんかん)」がよりありふれた光景になりつつあるが、なぜ、いつから、どんな人が韓国を嫌いになったのか? 「韓国ヘイト」を叫ぶ人たちの心の中を、社会心理学とメディア空間の両面から解き明かそうと試みました。執筆:荻上チキ・高 史明/石戸 諭/古谷経衡


ニュース速報

ビジネス

コロナ関連倒産の増加、雇用面の影響注意深く見ていく

ワールド

インドの新型コロナ感染者、20万人突破 ピークはか

ビジネス

働き方より柔軟に、社員分散も選択肢=野村グループC

ビジネス

仏ルノー、50億ユーロ規模の政府保証融資制度で合意

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 7

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月