最新記事

芸術祭

あいちトリエンナーレのささやかな「勝利」

2019年10月8日(火)12時00分
仲俣暁生(フリー編集者、文筆家)

展示形態変更後のモニカ・メイヤー〈the clothesline〉 撮影:仲俣暁生

<社会に大きな波紋を投げかけている「あいちトリエンナーレ2019」、この事件の「現場」はどこなのか。そして、そこはいまどうなっているのか......>

9月の上旬、名古屋市と豊田市にある国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(以下、トリエンナーレと略)の会場のいくつかを一日かけて見てまわった。

すでに多くの報道がなされているとおり、今年8月1日に開幕したトリエンナーレは、来場者に危害を与えることを示唆する脅迫や、攻撃的な抗議が殺到する事態により、出展作の一つである〈表現の不自由展・その後〉が開始3日目で展示中止となり社会に大きな波紋を投げかけた。

同展の中止決定に至る経緯が「検閲」にあたるとして、国内外の参加アーティストの多くがこの決定に抗議する声明文に署名した。過酷な検閲を経験してきた地域のアーティストを中心に、作品の引き上げや展示内容の変更といった動きも起きた。私が名古屋を訪れた前日には田中功起が自作の展示のフレームを「再設定」し、この流れに同調を表明していた。国際的な現代美術展としてトリエンナーレはすでにきわめて不完全な状態にあったが、私はむしろそのような傷ついた状態をこそ目撃しておきたかった。

野次馬根性を超えたもう一つの動機もあった。この事件の「現場」はどこなのか。そして、そこはいまどうなっているのか。〈表現の不自由展・その後〉をはじめ多くの作品展示が中止・変更となった愛知芸術文化センターはトリエンナーレのメイン会場であり、今回の事件の「現場」の一つといっていい。だが参加作家が展示形態を変更した例は名古屋市美術館や豊田市美術館にもあり、大きく考えるならばトリエンナーレ会場全域が「現場」ともいえる。

その一方で、今回の事件の「発火点」は明らかにネット上、とくにSNSだった。前回のあいちトリエンナーレの芸術監督だった港千尋は近著『インフラグラム 映像文明の新世紀』で、断片化された映像や画像が情報化社会のインフラとなり、ブラックボックス化していることを指摘している。あいちトリエンナーレをめぐる騒動は、港のいう「インフラグラム」が起こした事件だった。だからこそ、現実社会においてその「着地点」となるそれぞれの場所がどのような雰囲気に包まれているのか、私はどうしても知っておきたかった。

平穏さのなかで対峙した二つのポリティカルな作品

当日は豊田市内の会場をまわることから始めたが、ちょっとした計算違いがあった。トリエンナーレの一日券を最初に訪れる豊田市美術館で買うつもりでいたところ、「クリムト展 ウィーンと日本 1900」が同時開催されていたため、その入場を待つ客で予想外の長蛇の列ができていた。傷ついた芸術展の姿を目撃するという目的からすると、レニエール・レイバ・ノボの〈革命は抽象である〉をここで見ておきたかったが、列に並んで待つと名古屋市内の会場を見る時間が十分にとれなくなる。豊田市美術館の展示を見ることはやむなく断念した。

豊田エリアで私がいちばん見たかったのは、高嶺格の〈反歌:見上げたる 空を悲しも その色に 染まり果てにき 我ならぬまで〉という巨大な立体作品である。美術館のすぐ脇にある旧豊田東高校の水泳プールの床面を剥がして直立させたこのモノリスの姿を、私はしっかりと目に焼き付けた。 

美術館と駅の間には大正から戦前昭和にかけて料理旅館として使われていた〈喜楽亭〉という建物が移築されており、シンガポール生まれの作家ホー・ツーニェンの映像インスタレーション作品〈旅館アポリア〉が展示されていた。小津安二郎や横山隆一の映画をコラージュし、京都学派の思想家の名などを散りばめた作品で、やはり事前によい評判を聞いていた。この建物に到着した途端、激しい雷雨となったが、豊田市美術館をキャンセルしたおかげで時間に余裕があり、雨やどりがてらこの作品をじっくり鑑賞できた。

ところで高嶺の作品もホー・ツーニェンの作品も、明確にポリティカルな含意のある作品である。とくに後者は、日本がアジア・太平洋地域全域で行った無体な戦争の傷跡が刻み込まれている点で、「表現の不自由展・その後」で焦点となった少女像や天皇をモチーフとした作品と同様である。しかも両作は、警備体制が整った美術館内ではなく、少人数のボランティアが切り盛りするサテライト会場に展示されている。だがいずれの作品が置かれた場も、〈表現の不自由展・その後〉への執拗な抗議からは想像もつかないほど、私の目には平穏そのものに映った。この平穏さも今回のトリエンナーレのもう一つの「現実」なのだ。

豊田駅周辺の小さな展示会場はいくつか取りこぼしたが、ポリティカルで複雑なニュアンスも込められた二作品と静かな環境のもとで向き合えただけでも、十分に豊田市まで足を伸ばした甲斐はあった。

P9043263.JPG

高嶺格〈反歌:見上げたる 空を悲しも その色に 染まり果てにき 我ならぬまで〉

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

日銀、生産判断の下方修正を検討へ=関係筋

ビジネス

焦点:社用機の私的利用、米企業の租税負担に重圧

ワールド

アングル:トランプ氏のアフガン電撃訪問、WHの秘密

ビジネス

米ホワイトハウス、議会に弾劾公聴会への参加拒否を通

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 5

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 8

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 9

    ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 3

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 4

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 5

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 8

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 9

    韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

  • 10

    中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 8

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 9

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月