最新記事

芸術祭

あいちトリエンナーレのささやかな「勝利」

2019年10月8日(火)12時00分
仲俣暁生(フリー編集者、文筆家)

展示を継続した作品の肯定的な力

名古屋市内に戻ると、まず名古屋市美術館に向かった。ここでは今回のトリエンナーレの目玉作品の一つであり、〈表現の不自由展・その後〉の展示中止に抗議して展示形態を一変させたモニカ・メイヤーの〈the clothesline〉の残骸を見なければならないと思いつめていた。

すでにインターネット経由で知ってはいたが、実際に会場を目にすると、その無残な状態はあまりにも痛ましいものだった。大勢の来場者が記入し展示に加えていった小さな紙片はすべて撤去され、未記入の用紙が引き裂かれ、フロアに撒き散らされていた。どんな言葉による批判よりも強い調子の「検閲」への抗議を、モニカ・メイヤーの作品の残骸からは感じざるを得なかった。

だが同時に、この悲痛な叫び声の傍らで展示が続行されている諸作品がもつ力に、励まされる思いがしたことも記しておかなければならない。今回の事件を受けて、すべてのアーティストが足並みを揃えて作品の撤去あるいは展示変更を行ったわけではない。抗議の声明には名を連ねながら、展示を続行した作家もいる。そしてそうした作品は、そのことによってなにかを見るものに訴え続けているのだ。

名古屋市美術館に展示された作品でもっとも強い印象を残したのは、青木美紅の大がかりなインスタレーション作品〈1996〉だった。この数字は作家自身が配偶者間人工授精によって生を受けた年であり、世界で初めてクローン技術により「ドリー」と名付けられた羊が生まれた年でもある。展示スペースにはドリー生誕の地であるスコットランドや羊をモチーフに、ラメ糸で刺繍した大がかりな絵画作品や、小部屋を模した立体作品、そこにしつられられた絵本のゾートロープなどが、過剰と思えるほど詰め込まれていた。それらは生殖や生命をめぐる複雑な作者自身の感情や思想を表現すると同時に、死せる作品、つまり展示中止や形態をネガティヴに変更した作品より、いわば「生き続けている」作品のほうが、どうしても肯定的な力をもってしまうという端的な事実をも教えてくれた。

もちろん、それは展示を継続した作家たちがモニカ・メイヤーらの姿勢を批判しているという意味ではない。あくまでも作品を見る者のうちで生じた個人的な出来事なのだが、これは私にとってまったく予想外のことだった。

P9043309.JPG

展示形態変更後のモニカ・メイヤー〈the clothesline〉

P9043331.JPG

青木美紅〈1996〉

ロンディノーネ作品の展示継続がトリエンナーレを救った

名古屋市美術館から愛知芸術文化センターに移動すると、ようやく本丸にたどり着いたという気分と同時に、展示中止作品がもっとも多いこの場所から受ける、ネガティブなインパクトに対して身構えている自分がいた。とにかく、ここではあまりにも多くの作品が「死んで」いるのだ。8階の愛知県芸術ギャラリーではパク・チョンキャンの〈チャイルド・ソルジャー〉、イム・ミヌクの〈ニュースの終焉〉、タニア・ブルゲラの〈43126〉がすべて展示中止となっており、10階の愛知県美術館ではレジーナ・ホセ・ガリンドの〈LA FIESTA #latinosinjapan〉、クラウディア・マルティネス・ガライの〈・・・でも、あなたは私のものと一緒にいられる・・・〉が展示形態の変更により原型を留めない状態、さらに先に述べたとおり田中功起は〈抽象・家族〉の展示のフレームを「再設定」しており、この日からは入場できない状態になっていた。

愛知芸術文化センターの鬱屈した雰囲気を救ったのは、一度は展示を撤去する姿勢を示していたウーゴ・ロンディノーネの〈孤独のボキャブラリー〉がそのまま残ったことだ。広いワンフロアに45体のピエロが思い思いのポーズで座ったり身を横たえたりしているこの作品こそが、今回のあいちトリエンナーレにおける最大のイコンだったと私は考える。決して幸福な状態にいるとは思えないピエロたちの傍らで、観客が自らも同じポーズをとったり、寝そべってみたりする行為は、ある意味であの少女像の隣の椅子に腰掛けてみる行為に等しい。誰にでも親しみやすく、作品としての奥行もあるこの展示までが欠けていたら、今回のトリエンナーレは持ちこたえられなかっただろう。展示継続の説得を行ったキュレーターの努力を惜しみなく讃えたい。

P9043338.JPG

ウーゴ・ロンディノーネ〈孤独のボキャブラリー〉(部分)

この会場でもっとも印象に残った作品はワリード・べシュティの〈FedEx〉と〈トラベル・ピクチャーズ〉だった。前者は中に何も入っていないガラスの立方体がさまざまに破損した状態で、同じサイズのFedExの箱に載せられている。これは実際にFedExのサービスを使ってガラス箱を発送し、受け取った状態をそのまま展示したもので、グローバリゼーションがもたらす光と影についての分かりやすい隠喩になっている。後者は旧東ベルリンにあったイラク大使館の廃墟の写真だが、べシュティは世界中を移動する際にあえて感光防護対策をせず、空港の手荷物検査によるX線に晒すことで不思議な効果を加えている。

この一連の写真を「美しい」と思うことが正しい受け止め方なのかはわからないが、私はとても美しいと感じた。この作品の美しさのなかにあらゆる複雑な感情が、そしてそれを手懐けるアートの力がある。芸術監督が今回のトリエンナーレのテーマとして設定した「情の時代 Taming Y/Our Passion」のコンセプトは、この作品において十分に機能していたと思う。

ところで、愛知芸術文化センターでは〈表現の不自由展・その後〉が本来展示されていた場所を見落としたまま、会場を出てしまった。すでに展示スペースに至る通路は扉で封鎖されており、注意していないと気づかない状態だった。私が訪れた後になってモニカ・メイヤーのスタイルを取り入れた、みずからが自由を奪われた体験を観客が紙に書き壁に貼っていくプロジェクトが始まり、そのスペースが足りないという理由でこの扉が開かれたという報道を見た。

P9043364.JPG

ワリード・べシュティ〈FedEx〉(手前)、〈トラベル・ピクチャーズ〉(壁面)

関連ワード

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(3

ワールド

英中銀総裁、対EU交渉時間切れへの備えを銀行に要請

ワールド

中国、香港巡る英外相の発言に厳重抗議

ワールド

ドイツ、EU・シェンゲン圏・英との往来禁止を6月1

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月