最新記事

米中関係

国慶節のお祝いもアメリカは冷淡、中国は反発

China Gets U.S. Holiday Wish, But Says Its 'Petty Actions' Aren't Helping

2019年9月30日(月)19時44分
トム・オコナー

国慶節の祝典に向け、香港島中心部に中国建国70周年の横断幕を提げる労働者(9月30日、金鐘) Susana Vera-REUTERS

<中国建国70周年の慶事でも一歩も譲らない米中。貿易戦争も南シナ海を舞台にした対立も解決の糸口は見えない>

間もなく70年目の国慶節を迎える中国に対し、アメリカのマイク・ポンペオ国務長官はこんな祝賀メッセージを送った。「アメリカ国民を代表し、10月1日に国慶節を祝う中国国民にお祝いを申し上げます。アメリカはこの先1年間の中国の人々の幸福、健康、平和、繁栄を祈ります」

とはいえ、実際の米中関係は、貿易戦争や南シナ海での睨み合いのただ中にある。先日も、中国が実効支配する南シナ海西沙(パラセル)諸島の海域を米海軍の艦艇が航行したばかりだ。こんな形ばかりの祝意を中国が素直に受け取れるはずもない。

「アメリカは、中国の祝日の直前につまらない陽動を行うのを非常に好む。だが、陽動ごとき中国軍や国家の発展に影響を与えることなどできはしない。それは歴史が証明している」と、中国国防省の報道官は9月29日の会見で述べた。「中国軍は整然とその義務を果たし、国家主権と安全保障、開発利益および世界の平和と安定を守る」

中国は資源に恵まれ船の往来も激しい南シナ海の広い海域に自らの主権が及ぶと主張し、軍事インフラの建設を加速し、周辺諸国と対立している。一方、アジア太平洋地域で推計279カ所もの基地を展開するアメリカは、こうした中国の行動を非難することで、自らの存在を誇示してきた。

中国は米高官の「傲慢と偏見」を非難

中国国防省は、23日に米議会調査局が出した報告書のことも激しく非難した。中国海軍が北大西洋における米海軍の支配権を脅かしている、とする報告書だ。米海軍がこれほどの脅威に直面するのは冷戦終結以来初めてだという。

だが中国国防省に言わせれば、はこうした表現は「一部のアメリカ高官の傲慢と偏見、そして冷戦期のゼロサム的メンタリティーを示している」と述べた。「ばかげた行いで、危険だ。中国側は断固として反対する」

通商問題でも対立したままだ。ドナルド・トランプ米大統領は24日の国連総会での演説で、対中関税で厳しい立場を崩していないことを示すとともに、不誠実な貿易慣行があると中国政府を批判した。

「アメリカ国民は中国とのバランスを取り戻すことにひたすら努めている」と、トランプは述べた。「うまくいけば、われわれは両国にとって利益となるような合意に達することができるはずだ。だがこれまでもはっきり述べてきた通り、アメリカは悪い取引を受け入れるつもりはない」

「両国の経済の規模や相互依存の水準を思えば、いわゆる『切り離し』や『相互にドアを閉める』の非現実的だ」と、王毅(ワン・イー)は米中ビジネス協議会のパーティーで述べた。本当にそう思うなら、事態打開のためどちらかが先に譲歩してもよさそうだが。

(翻訳:村井裕美)

20191008issue_cover200.jpg
※10月8日号(10月1日発売)は、「消費増税からマネーを守る 経済超入門」特集。消費税率アップで経済は悪化する? 年金減額で未来の暮らしはどうなる? 賃貸、分譲、戸建て......住宅に正解はある? 投資はそもそも万人がすべきもの? キャッシュレスはどう利用するのが正しい? 増税の今だからこそ知っておきたい経済知識を得られる特集です。


ニュース速報

ワールド

中国新型肺炎の死者、8人増の17人に ウイルス変異

ワールド

米英、デジタル課税巡る対立精鋭化 米財務長官「施行

ワールド

米国は新型肺炎の感染拡大食い止める計画整えている=

ワールド

FRB利上げは「大きな過ち」、中間層向け減税発表へ

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月