最新記事

国連総会

ベネズエラの美人外交官、トランプ演説に読書で抵抗

Venezuela Diplomat Reads Book During Trump's U.N. Speech Attacking Country

2019年9月26日(木)14時10分
トム・オコナー

トランプ演説中、ベネズエラを解放した革命家についての本を読んで見せるロドリゲス Daniela Rodríguez/TWITTER

<国連演説でベネズエラのマドゥロ大統領や社会主義体制を激しくけなしたトランプに「無視」アピール>

ドナルド・トランプ米大統領は9月24日に国連総会で演説を行った際、ベネズエラを激しく批判した。だが会場にいたベネズエラ代表はその間、これみよがしにずっと本をめくり続けた。

ベネズエラでは1月、ニコラス・マドゥロ大統領の独裁体制に対する反発が高まり、大規模な反政府デモが展開されるなど大混乱に陥った。野党指導者フアン・グアイド国会議長が自ら暫定大統領就任を宣言し、アメリカはグアイド率いる代理政府支持を表明。以降、米政府は政治的にも経済的にもマドゥロ政権に「最大限の圧力」をかけており、トランプは24日の演説でもその継続を宣言した。

「独裁者マドゥロは、キューバのボディガードに守られたキューバの操り人形だ。キューバは自国の共産主義体制を維持するためにベネズエラの石油資源を略奪している」とトランプは言った。「私が前回ここで演説を行って以降、アメリカをはじめとする55カ国がベネズエラの代理政府を承認した」

中南米左派はマドゥロを支持

「悪夢の中にいるベネズエラ国民には、アメリカがあなた方の味方だと知って欲しい」と、トランプは続けた。だがベネズエラ代表のダニエラ・ロドリゲスはその呼びかけを無視し、ベネズエラの革命家、シモン・ボリバルに関する本を読み続けた。ボリバルはラテンアメリカ独立運動の指導者で、ベネズエラの与党・統一社会党のイデオロギーの生みの親とされている。

<参考記事>国家崩壊ベネズエラ、アメリカは遂に力でマドゥロを排除するか

中南米とヨーロッパの多くの国をはじめ、アメリカと緊密な関係にあるその他の国々もグアイドを支持しているが、ボリビアやキューバ、メキシコやニカラグアといった中南米の左派の国々は今もマドゥロを支持している。ロシア、中国、イランや南アフリカなどもマドゥロ支持だ。アメリカは国連に対して、マドゥロ政権から加盟国資格をはく奪すべきと主張しているが、国連は今もマドゥロ政権の承認を取り消しておらず、ニューヨークで開催中の国連総会では、マドゥロ率いる政府とグアイド率いる代理政府、双方の代表団がそれぞれの主張を展開する。

<参考記事>「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

ニュース速報

ワールド

独政府、社会的距離ルールを6月29日に緩和へ=報道

ビジネス

賭けマージャンが賭博罪かどうかは法務省が判断=安倍

ワールド

アングル:ビッグデータ立国の中国、民法整備で個人情

ビジネス

中国の銀行の不良債権、新型コロナで高水準に=銀保監

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月