最新記事

ビジネス

eスポーツは賞金300万ドルの巨大市場に成長中

The Rise of eSports

2019年9月27日(金)17時30分
フェデリコ・ワイナー(英ラフバラ大学 スポーツビジネス研究所研究員)

ニューヨークで開催 されたフォートナイ ト・ワールドカップ USA TODAY SPORTSーREUTERS

<世界に3億8000万人の観戦者を擁する巨大市場で、トッププレーヤーやチームの収入も膨れ上がっている>

ペンシルベニア州在住の16歳、「ブーガ」ことカイル・ギアースドーフはこの夏、「フォートナイト・ワールドカップ」で世界チャンピオン(ソロ部門)に輝いた。優勝賞金は......なんと300万ドルに上った。

フォートナイト・ワールドカップは、コンピューターゲームの『フォートナイト・バトルロイヤル』をプレーする腕前を競うeスポーツ大会だ。オンラインで実施された予選には、4000万人以上のプレーヤーが参加し、7月末にニューヨークで行われた決勝では2万人近い観客が会場のアーサー・アッシュ・スタジアムに詰め掛けた。

『フォートナイト・バトルロイヤル』は、プレーヤーがゲーム内のキャラクターを操作して広大な島でバトルを繰り広げ、最後の1人まで生き残ることを目指すアクションゲーム。世界で推計2億5000万人がプレーしている大人気ゲームだ。

爆発的な人気を背景に、フォートナイト・ワールドカップの賞金総額は3000万ドルを突破。ギアースドーフが獲得した優勝賞金300万ドルは、eスポーツの大会で1人のプレーヤーが獲得した賞金では史上最高額となる(大会後の8月10日には、嫌がらせの虚偽通報によりギアースドーフの自宅に警官隊が駆け付ける騒動まで起こった)。

eスポーツ市場は、いま急速に拡大している。世界の総人口約77億人のうち、なんらかのコンピューターゲームを楽しんでいる人は約22億人に上る。このうち約3億8000万人がeスポーツを観戦している。「頻繁に」観戦する人が1億6500万人、「たまに」観戦する人が2億1500万人だ。

トップ選手とトップチームの収入が莫大な金額に達していることは不思議でない。フォートナイト・ワールドカップでは、65~128位のプレーヤーでも5万ドルを手にした。

大ヒットゲーム『リーグ・オブ・レジェンズ』のプレーを競う大会「北米リーグ・オブ・レジェンズ・チャンピオンシリーズ」では、新人プレーヤーでも年俸が32万ドルを超えていると、フォーブス誌は報じている。70%以上のプレーヤーは、複数年契約を結んでいるという。

熱狂はどこまでバブルか

ニュースサイトのビジネスインサイダーに昨年掲載された記事によれば、eスポーツのトップチームは年間売り上げが1000万ドルを超えるという。これは、サッカーのスペイン2部リーグのチームに匹敵する金額だ。

賞金が膨れ上がれば、勝利への意欲もさらに高まる。それに伴い、プレーヤーが取り組むトレーニングの内容にも変化が見え始めている。「スポーツ」という名前こそ付いていても、eスポーツのプレーヤーは、ジムでの長時間トレーニングやランニングで体力と持久力を鍛えるわけではない――と思っている人もいるかもしれない。

しかし新世代のプレーヤーたちは、高度な集中力を発揮するために健康の維持が有効だと気付き始めた。最近は資金力の乏しいチームでも、栄養管理や運動によって心身のコンディションを維持することの重要性を認識するようになった。好成績を上げているチームでは、ほかのスポーツで経験を積んできたコーチを雇うケースも出てきている。

今後、eスポーツがビジネスとしてどれくらい成長するかは、さまざまな要因に左右される。エンターテインメント界の潮流や業界のガバナンスの在り方にも影響されるし、政府がゲームを検閲対象にする国が現れればその影響も受ける。

この新しいビジネスを成長させようと思えば、eスポーツビジネスに関わる人たちが消費者をより深く理解し、ビジネス環境の変化に主体的に対応しなくてはならない。そのためには、質の高いデータを持つことが極めて重要だ。

今の状況をバブルと考える業界関係者は少なくない。業界の活況を伝えるデータの信憑性を疑う声も多い。eスポーツ大会の視聴者数がプロアメリカンフットボールのNFLの優勝決定戦スーパーボウルを上回ったという類いの報道も見られるが、懐疑的な声も聞こえてくる。

例えば、プロバスケットボールのNBAのヒューストン・ロケッツでeスポーツ担当副社長を務めるセバスチャン・パク(ロケッツはeスポーツのプロチームも保有している)は、あるイベントでこう語っている。

「その種の記事に記されているデータの半分は、どこから取ってきたのか疑問だ」

業界の健全性を保つ上でも、データの信憑性はおろそかにすべきでない。この点に関しては、1950年代からテレビの視聴率調査を手掛けてきた調査会社のニールセンがeスポーツ分野の調査に本格的に乗り出すとの期待も高まっている。もしそうなれば、eスポーツ業界の信頼性を高める上で大きな一歩になるかもしれない。

The Conversation

Federico Winer, PhD researcher, Loughborough University

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

<本誌2019年9月17日号掲載>

20191001issue_cover200.jpg
※10月1日号(9月25日発売)は、「2020 サバイバル日本戦略」特集。トランプ、プーチン、習近平、文在寅、金正恩......。世界は悪意と謀略だらけ。「カモネギ」日本が、仁義なき国際社会を生き抜くために知っておくべき7つのトリセツを提案する国際情勢特集です。河東哲夫(外交アナリスト)、シーラ・スミス(米外交問題評議会・日本研究員)、阿南友亮(東北大学法学研究科教授)、宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)らが寄稿。

ニュース速報

ワールド

金正恩氏、ASEAN首脳会議出席見送り 南北関係緊

ワールド

香港の安定を脅かすことは決して容認しない=中国外相

ワールド

ドイツの対米輸出、第3四半期は前年比+7.6% 貿

ワールド

中国、米との「第1段階」通商合意に向け懸命に取り組

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚くような経歴詐称疑惑で辞任

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    韓国、米国に一段のコメ市場開放で合意 119億円相当…

  • 6

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 7

    世帯格差が子どもの体力低下にも繋がっている

  • 8

    トランプ、韓国が駐留経費増額に応じなければ在韓米…

  • 9

    香港高裁と北京政府が激突

  • 10

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 7

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 8

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月