最新記事

病害

バナナ絶滅の懸念...世界で猛威をふるう「新パナマ病」、ついに南米に

2019年8月29日(木)16時30分
松岡由希子

「新パナマ病」感染防止の消毒をするニカラグアの農民、2017年 Oswaldo Rivas-REUTERS

<バナナの病害「新パナマ病」を引き起こす真菌が、南米ではじめてTR4が確認された......>

バナナの病害「新パナマ病」を引き起こすフザリウム属の真菌TR4が南米コロンビアで確認され、コロンビア農牧院(ICA)は、2019年8月8日、非常事態宣言を発令した。南米でTR4が確認された事例はこれが初となる。

台湾や中国、東南アジア、中東で甚大な損害をもたらしてきた

新パナマ病とは、土壌伝染性の植物病原糸状菌であるTR4が根から侵入して導管を通して広がり、維管束を破壊して立ち枯れを起こすバナナの病気だ。バナナの品種の中で最も生産量が多い「キャベンディッシュ」に感染し、台湾や中国、東南アジア、中東などでバナナ栽培に甚大な損害をもたらしてきた。

新パナマ病に感染したバナナを食べても人体に害はなく、TR4がヒトに感染することもないが、この病気への効果的な防除方法はいまだ確立されておらず、このまま世界的に感染が広がれば、キャベンディッシュが絶滅するおそれも懸念されている

コロンビア農牧院では、コロンビア北部ラ・グアヒーラ県で生育中のバナナに立ち枯れの症状がみられたことから、6月11日以降、詳細な調査をすすめるとともに、国内4カ所のバナナ農園で検疫を実施するなど、必要な措置を講じてきた。8月5日には、バナナを輸出する主要15カ国の農業大臣がエクアドルの首都キトで会談し、感染防止に向けた対策について協議している。

コロンビアで非常事態宣言を発令

オランダのワーヘニンゲン大学とバイオテクノロジー企業「キージーン」は、コロンビア農牧院からの依頼により、新パナマ病に感染したとみられるバナナのサンプルについてゲノム配列検査や分子診断に基づく確認試験を行い、8月7日、「ラ・グアヒーラ県の175ヘクタールのバナナ畑にTR4が存在する」との結果を通知した。

この結果を受け、コロンビア農牧院は、翌8日、全土にわたって植物検疫を強化・拡大するべく、非常事態宣言を発令。現時点でTR4の感染が確認されているのはラ・グアヒーラ県のみにとどまっているが、他地域への感染リスク軽減に向けた措置を講じるほか、中小規模のバナナ農家を対象に、感染防止対策のための補助金も検討していく方針だ。

コロンビアは、世界有数のバナナ輸出国であり、2018年には、8億6870万ドル(約924 億6300万円)に相当する202万8000トンのバナナを欧米に輸出している。TR4の"上陸"が確認されたことで、今後、コロンビアのバナナ産業に大きな影響がありそうだ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

JPモルガンCEO、経済見通しに慎重姿勢維持 市場

ワールド

焦点:トランプ氏、「党団結」は程遠く 予備選連勝も

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、米インフレ統計など重要指標

ビジネス

米国株式市場=小幅安、経済指標に注目
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の華麗な「王室プロトコル」にファンがうっとりため息

  • 4

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 9

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 10

    ウクライナで兵力動員が難航...著名部隊「ダビンチ・…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中