最新記事

カシミール紛争

「自治権はく奪」でインド化強行のモディ政権と戦うカシミールの若者

2019年8月26日(月)17時50分

衝突が日常に

スリナガルでは4人以上が参加する集会が禁止され、移動を妨げるためにバリケードが数十カ所設置された。政治家や地域の指導者、活動家ら500人以上が拘束された。

インターネットや携帯電話の接続は、スリナガル市とカシミール渓谷の全域で2週間以上停止しており、政府の決定に反対する人たちが抗議活動を組織するのが困難になっている。

固定電話は復旧し始めたが、スーラ地区では停止したままだ。

住民たちは、他の方法で組織化を試みている。地区に侵入しようとする治安部隊を発見すれば、モスクに急行してスピーカーで「不法占拠への抵抗」を促す歌を放送したり、警報を鳴らしたりしているという。

8月9日には、金曜日の礼拝を終えた人々が道を占拠して抗議活動を行った。周辺地区からも住人が集まり、地元の警察関係者によると、群衆は少なくとも1万人に膨らんだ。

複数の住民によると、この抗議活動の後、暴徒鎮圧用の装備を身に着けた治安部隊150-200人がスーラ地区への侵入を試み、住民との衝突が深夜まで続いたという。警察側は催涙ガスや空気銃を発射したという。

それ以降、スーラ地区では小規模なデモ活動や、治安部隊との小競り合いが続いていると、住民たちは言う。当局側は、地区内の集会場所となっている礼拝所脇の空き地を封鎖しようとしているとみられ、同地区への侵入を数回試みているという。

「毎日のように攻撃を仕掛けてくるが、反撃している」と、20歳台前半のオワイスと名乗る青年は話す。「まるで閉じ込められたかのようだ」

インドの武装警察は、同地区を掌握する構えだ。「(同地区に)入ろうとしているが、地域の抵抗が大きい」と、スリナガルの武装警察関係者は話した。

別の治安当局者はロイターに対し、「地区の若者の一部は過激化している」とした上で、「武装勢力の温床になっている」と述べた。

ドローンとヘリコプター

インドからの分離を求めるカシミールの抗争で、インド政府はこの30年で5万人が死亡したとしているが、人権活動家は死者数はこれよりもずっと多いと主張している。多くのカシミールの住人は、独立か、イスラム教徒が多数を占めるパキスタンへの併合を望んでいる。

インドへの反政府活動は、歴史的にパキスタンから越境してくる武装勢力が指揮することが多かった。だが近年では、自ら武器を手にするカシミールの住民も増えている。

スーラ地区の壁や電柱には、武装勢力のポスターが多数貼られている。その中には、カシミールの分離独立を主張する武装組織「ヒズブル・ムジャヒディン」の指導者で、2016年に治安部隊に殺害されたブルハン・ワニ司令官のポスターもある。

インドのメディアは、スーラ地区の衝突についてほとんど報じていない。通信が遮断されたせいもあるが、インドのテレビ局や新聞は、今回の決定に対してカシミールではほとんど抵抗が起きていないとする政府の見解をそのまま報じてきたからでもある。

スーラ地区の現実は異なる。

治安当局による取り締まりを恐れて、特産の高級カーペットやスカーフを売る店の中には閉じたところもある。地区内の湖では漁やハスの栽培が続いているものの、地区の外へ収穫品を輸送するのは困難だという。

厳戒態勢の中で、人々の移動も制限されている。スーラ地区から外に通じる全ての道に武装警察が立ち、地区上空には監視用ドローンやヘリコプターが飛ぶ。

ニュース速報

ビジネス

地銀と戦略的に連携、資本提携にこだわらず=りそなH

ワールド

欧州当局、コロナワクチンは時間かけ審査 拙速な認可

ワールド

フランス、国外でのスキー阻止へ国境検査実施 コロナ

ワールド

バイデン次期米大統領、対中通商合意第1弾を直ちに破

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期…

  • 10

    アメリカ中西部にコロナ感染の大波 医療現場は崩壊…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月