最新記事

中東

英領ジブラルタル、イランタンカー解放決定 米は拘束延長を要請

2019年8月16日(金)08時43分

英領ジブラルタルは15日、イランの石油タンカー「グレース1」(写真)の解放を決めた。イランが拿捕(だほ)した英船籍タンカー解放の可能性に道を開いた。ジブラルタルで撮影(2019年 ロイター/JON NAZCA)

英領ジブラルタルは15日、7月に拿捕(だほ)したイランの石油タンカー「グレース1」の解放を決めた。ただ、米国が土壇場でタンカー拘束の延長を求めたため、出港がいつになるかは不明なままだ。

英海兵隊は7月4日、欧州連合(EU)の制裁に違反してシリアに原油を輸送していた疑いでグレース1をジブラルタル沖で拿捕していた。

一方、イランは同19日、英船籍の石油タンカー「ステナ・インペロ」を拿捕したと発表。報復措置の可能性が取り沙汰された。

ジブラルタルのピカルド自治政府首相は、イラン側がシリアで石油210万バレルを陸揚げしないと書面で公式に伝えてきたことを受け、拿捕命令の解除を決めた。

ただ、ジブラルタル当局は、米国の法的要請を受け、タンカーを引き続き拘束することになるかどうかは明らかにしていない。

ピカルド氏は「米司法省から、タンカー拘束に関する新たな法的手続きを始めるべきだとの要請があった」と説明。外国との共助条約を担当する独立機関が法的手続きを始めるかどうかについて「客観的な法的判断を下すことになる」と述べた。

米国務省は、グレース1がイランの精鋭部隊「イスラム革命防衛隊」を支援していると米政権が結論付けたと説明。米政府は革命防衛隊を「テロ組織」に指定している。国務省は「グレース1に関しても、革命防衛隊に物質的支援を行う団体・人物に関する従来の方針に沿ってわれわれは行動する」とした。

一方、イランはグレース1が間もなくジブラルタルを出発するとの認識を示し、ザリフ外相は解放を防ごうとする米国の動きは「海賊行為」だと非難。在ロンドンのイラン大使は「米国は土壇場で必死に解放阻止を図ったが惨敗した」とツイッターに投稿した。

イラン港湾海事局の高官はグレース1の行き先について、同船保有者の話として「地中海の港に向かう」と半国営メフル通信に説明。保有者は明らかにしなかった。

*内容を追加しました。

[ロンドン/ジブラルタル 15日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

フランス内閣総辞職、マクロン大統領が再選見据え態勢

ビジネス

日産自動車、6月の中国販売は前年比4.5%増

ワールド

インド、中国製電源装置・部品の輸入審査強化へ

ワールド

インサイト:「院内感染」の重い代償、医療現場で続く

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 5

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

  • 8

    新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

  • 9

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 10

    アメリカはコロナ感染の「第2波」に入ったのか?

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月