最新記事

パーティー

近頃の格安クルーズはまるで男女の動物園 優雅な船旅にさようなら

Cheap Cruises Have 'So Much Cocaine And Group Sex', Former Worker Shares

2019年8月2日(金)17時45分
カルヤン・クマル

パーティーとなると泥酔して裸になる若者が、客船にも進出してきた Kim Hong-Ji-REUTERS

<格安クルーズプランが増えたことによって船上のモラルが低下している。どんちゃん騒ぎの内実とは>

豪華クルーズ船での船旅といえば究極の贅沢。夜は盛装でディナーやダンスを優雅に楽しみながら、濃密な社交の時間を過ごす――そんなイメージが今、パーティー狂の若者たちによって損なわれつつある。複数の報道によれば、彼らは船上で大酒を飲んでどんちゃん騒ぎを繰り広げたあげくにドラッグを使用。まるで動物のように振る舞ってグループセックスに興じているという。

こうした恥ずべき実態が露呈したのは7月26日。イギリスの豪華客船ブリタニア号の船上で酔っ払い同士の喧嘩がもとで男女6人が怪我をしたと報じられたのだ。

<参考記事>50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

かつて客船のエンターテイナーだったある人物は、格安クルーズプランが増えていることが1つの原因だと言う。「手頃なパッケージツアーや飲み放題プランが、乗客を動物に変身させる」

ある客船乗務員(匿名)は、今では多くの客船で乗客が度を超えたどんちゃん騒ぎをしたり暴力をふるったり、恥も外聞もなく裸になったりする光景が繰り広げられていると語る。


学生向けに春休みクルーズを販売する米CPC社の動画

船上での「野外セックス」も

5年以上にわたってさまざまな客船で仕事をした元エンターテイナーによれば、最悪なのは期間が短いクルーズだ。「長旅よりもはるかに安いので、バーの酒がなくなるまで浴びるように飲む連中が集まりやすい」。ショーの最中にやじを飛ばしたり、バーの閉店後に喧嘩を始めたりするのは日常茶飯事だという。

元乗務員のクレア・サンダース(29)は、ベルギーからフランスまでのクルーズに乗船したところ乗客が酒を飲んで騒ぎ、「まさに悪夢だった」と語る。「飲み放題プランを最大限に活用するのは、決まってイギリス人だった」と彼女は言う。喧嘩がなく静かだと思うと酒や薬でつぶれている。船内でコカインが発見されたという報告は日常的にあり、もう誰も驚かない。

客室の外で堂々とセックスをしたり、裸になったりする人も増えているとサンダースは指摘した。オーストラリアからフィジーへの船旅では、船上結婚式をしたカップルがデッキの上でセックスをしたことを理由に「次の停泊地で船を下ろされた」と彼女は言う。

<参考記事>巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ

新婚の夫婦なら、情熱的になるのもまだ分かる。だが、そうでなくても客室の外ではしゃぎ回るのが好きな客は多く、最近の調査によれば、船旅経験者の10%前後が船上での「野外セックス」の経験があると回答した。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

※次号は9/25(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 8

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 9

    男たちの女性差別がでっち上げた蔡英文の学歴詐称疑惑

  • 10

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月