最新記事

人権問題

奴隷船から400年 現代もなおアフリカが受ける奴隷搾取

2019年8月14日(水)12時36分

住み込みの無給メイドとして、ナイジェリアの首都アブジャに住むある家族に預けられることが決まった時、ブレッシングさん(仮名)はわずか6歳だった。写真はナイジェリアのベニンシティで仕立て屋として働くクラウディア・オサドロールさん(仮名)。7月撮影(2019年 ロイター/Nneka Chile)

住み込みの無給メイドとして、ナイジェリアの首都アブジャに住むある家族に預けられることが決まった時、ブレッシングさん(仮名)はわずか6歳だった。学校に通わせてもらうという約束で、母親が預けたのだ。

ナイジェリア南西部にある故郷の町では、母親は3人の子を食べさせるのに十分な稼ぎがなかった。

だがアブジャでの生活が始まると、預け先の家族はブレッシングさんを一日中働かせ、仕事を忘れれば電線でむち打ち、腐った残り物を食べさせた。

母親はその後、娘の近くに住むためアブジャに移ったが、ブレッシングさんは母親が訪ねてきても2人きりで会うことは許されなかった。

「母親が来るが、何をされているか言ってはいけない、そもそもしゃべってはいけないと言われた」と、ブレッシングさんは打ち明ける。

「どうしているのと母に聞かれたら、元気でやっていると答えろと言われた」

記録に残る最初のアフリカからの奴隷が北米に到着してから、ちょうど今年で400年になる。だが奴隷は、今日の問題でもある。4000万人以上の人が、強制労働や強制結婚、その他の性的搾取の環境に囚われていると、国連は推計している。

現在11歳になったブレッシングさんも、そうした被害者の1人だ。隔離と虐待が2年続いた後の2016年、ブレッシングさんは人身売買の問題に取り組む団体「WOTCLEF」に救出され、今も同団体の保護下にある。ロイターは、WOTCLEFの許可を得てブレッシングさんを取材した。

人権団体「ウォーク・フリー・ファンデーション」と国際労働機関(ILO)が出した2017年の報告書によると、「奴隷」が最も多いのはアフリカで、1000人あたり7人が被害者となっている。この報告書は、奴隷を、「ある人間が、脅しや暴力、強制やいつわり、そして権力の乱用によって、拒否したり去ったりできない搾取的状況」と定義している。

ほかの仕事があると思い込まされて売春させられる例は、最も広範にみられる悪質な現代の奴隷の1形態だ。

クラウディア・オサドロールさん(28=仮名)とプログレス・オモビエさん(33)の経験は、貧困がいかに女性を搾取されやすい状況に陥れるかを物語っている。

ナイジェリア南部ベニンシティに住んでいたオサドロールさんの家族は家計が行き詰り、オサドロールさんは大学を中退。誰かが就職を世話してくれ、渡航費も支給されると従妹から聞かされ、ロシア行きを決めた。2012年6月、知らない少女3人と共にナイジェリアを後にした。ロシアに着くと、「マダム」と呼ばれる人が迎えに来ていた。

オサドロールさんは売春を強制され、1日最大20人もの相手をさせられて、傷を負ったという。3年間拘束され、その間2週間に一度「マダム」がやって来てオサドロールさんのお金をほとんど取り上げていった。

地下鉄の駅で偶然、国際移住機関(IOM)の職員と出会ったことをきっかけに脱出したオサドロールさんは、トラウマや逃げ出せた時の安堵感について泣きながら語った。

「家族のために一番大きな犠牲を払ったと思う。でも、生きて帰ってこれたことを神に感謝する」と、彼女は話した。

オサドロールさんは、ナイジェリアの慈善団体の支援で仕立て業の訓練を受け、ベニンで社会復帰することができた。

ニュース速報

ビジネス

豪AMP、特別配当と自社株買いで株主還元へ 部門株

ワールド

豪失業率、7月は22年ぶり高水準 就業者数は増加

ビジネス

NZでコロナ感染急増・封鎖長期化なら追加刺激策検討

ビジネス

米ディズニーワールドのウイルス対策、会社側が労組要

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 8

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 9

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月