最新記事

韓国事情

輸出規制で在庫確保に奔走する韓国企業トップ

2019年7月23日(火)15時30分
佐々木和義

文在寅大統領と主要グループトップの懇談会が行われたが...... Yonhap-REUTERS

<日本政府の韓国に対する輸出規制を受け、韓国企業のトップが相次いで来日。いっぽうで脱日本依存も進めようとしているが......>

日本政府の韓国に対する輸出規制を受け、韓国企業は在庫確保に東奔西走している。サムスングループの事実上トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長とロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)会長が、2019年7月7日日本入りした。

同日に、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相と金尚祖(キム・サンジョ)青瓦台(チョンワデ、大統領府)政策室長が午餐を挟んで財界トップと輸出規制対策を議論したが、参加者名簿に2人の名前はなかった。また、10日にも文在寅大統領と主要グループトップの懇談会が行われたが、両代表は帰国することなく会を欠席している。大統領との懇談より、日本での面談を優先させたのだ。

サムスン電子、現代自動車、ロッテ......相次いでトップが来日

サムスン電子は李在鎔副会長の訪日目的を明らかにしていないが、台湾やシンガポールに生産拠点をもつステラケミファなど、日本企業が国外に有する生産拠点の在庫確保が目的とみられている。サムスンがステラケミファから供給を受けているフッ化水素(エッチングガス)は、その毒性から長期保管が難しく、ジャスト・イン・タイム(適時供給)が必須だが、ステラケミファは第3国からの輸出も日本政府の承認が必要という立場を示したようだ。

サムスン電子は日本企業から部品や素材を直接輸入しているほか、日本企業の韓国子会社や日本企業から輸入した部品を加工する韓国企業から調達しており、李在鎔副会長が日本出張から帰国した翌13日、日本産素材の在庫を90日以上確保するよう要請する文書を協力会社に送付した。最終期限は8月15日で、追加費用はすべてサムスン電子が負担する内容となっている。デッドラインを8月15日としたのは日本政府が韓国をホワイト国から除外する可能性があるためだ。

ロッテグループは今回の規制による影響はないが、日本政府が韓国をホワイト国から除外すれば、輸入量の40%を日本に依存している石油化学部門が影響を受ける。辛会長は先手を打って要人に会うため日本を訪問した。

現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)首席副会長も同18日に日本を訪問している。同副会長は16日に本社で海外法人長会議を開いたその足で不振から抜け出せずにいる中国市場と生産施設を点検するため北京入りしたが、韓国に戻ると専用機で東京に向かった。大韓アーチェリー協会長として12日から18日まで東京で開催されたプレオリンピックへの出席が表向きの目的だが、選手団や協会関係者を激励した後、部品や材料のサプライチェーンを点検し、現地の雰囲気に関する報告を受けている。

自動車は国産化率が高く、また供給網がグローバル化しているため、素材の需給に支障はないが、現代車グループが注力している燃料電池車は、高圧水素タンク素材など日本依存が高く、ホワイト国から除外されると影響は避けられない。

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月