最新記事

香港デモ

デモ終息見えぬ香港で警察の士気低下 中国本土の武装警察出動の可能性も

2019年7月22日(月)11時16分

政府に対する市民のデモが激化する中、優秀なことで知られる香港の警察が、自信の喪失、リーダーシップの欠如という危機に直面している。写真は日曜日のショッピングモールで発生した市民と警察の衝突。7月14日、香港の沙田区で撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)

政府に対する市民のデモが激化する中、優秀なことで知られる香港の警察が、自信の喪失、リーダーシップの欠如という危機に直面している。

ロイターが取材した現役の警官、退職した元警官、政治家、セキュリティ問題の専門家は、香港警察が場当たり的な意志決定、現場の士気低下や怒りなどの問題に悩んでいると警告する。前線の警官は、人気がない香港行政府に対する市民らの怒りを目の当たりにしている。

「現場レベルは当惑し、混乱している」──。今もかつての同僚と交流がある元警察官はこう話す。「大事なときにリーダーシップが欠如しているのは明らかで、政府からの十分な支援がないと感じている。それが指揮官レベルに影響を与えている」

ロイターは香港警察に確認を求めたが、警官の士気低下などについて直接的な回答はなく、「暴力的な抗議行動により、法の支配が深刻に損なわれている」、「香港の法律を守る使命を負う警察は、公共の安全と秩序を維持するため、断固として最前線に立つ」とした。

抗議活動の現場で「政府の顔」となる警察は、市民の怒りのターゲットになりやすい。しかし、デモの参加者によれば、警察はこれまでも過剰な暴力を振るい、高圧的な監視手法を駆使しているという。

英国は1997年、抗議する権利を含めた幅広い自由と自治の維持が保障されることを条件に、世界の一大金融ハブである香港を中国に返還した。

香港では犯罪容疑者を中国本土に引き渡すことを認める条例案をきっかけに、先月発生した大規模な抗議行動は、ほぼ毎日行われるデモへと発展している。

香港行政府は条例案をもはや「死んだ」としているが、活動家たちは正式に廃案するよう要求を続け、警察の行動に対する第三者による調査、民主改革、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の辞任を求めている。

「不人気なイヌ」とウィキに書き込み

先週末、2カ所で平和的に行われた抗議行動が、警棒を振るう機動隊員と活動家が衝突する事態に発展した。このうち1つは、日曜日の買い物客で賑わう郊外のショッピングモールで発生した。

6月に香港中心部で起きた大規模な衝突では、警察が催涙ガス、ゴム弾、ビーンバッグ弾を使って活動家を撃退した。その数日後、数千人の群衆が警察本部を包囲し、幹部や若手職員が数時間にわたって閉じ込められた。

現役のある警察幹部は、政治的な対立に解決が見えない現実の中で、香港の警察官およそ3万人の間で不安感がさらに高まっていると話す。「私たちは未知の領域に入っている」、「どこに向かっているのかは誰も知らない」と語る。

警察官およそ2万人が加入する警察労働組合は今週、部隊の指揮官に書簡を送り、警察官の安全と精神衛生が守られるよう、改めて保証を求めた。「戦術及び装備を含めた状況について、上層部が確信を持てない場合」は危険な状況下に派遣すべきではないとしている。

複数の警察官は、傘やヘルメット、通りのベンチなどを使って戦う態勢を強めている一部の中心的な活動家は別として、小規模で平和的な集会でさえ激しい罵声が浴びせられることにショックを受けたと話す。

ロイターの記者も先ごろ、通りを行き交う市民が警察官の一団に罵声や怒号を浴びせる様子を目撃した。写真を撮影していた私服警察官を追い払う光景もみられた。オンライン辞典のウィキペディアでは「香港警察」のページがハッキングされたとみられ、「人気がないイヌ」という単語が書き込まれた。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国、11月輸出は予想外の減少 輸入は4月以来の増

ワールド

北朝鮮国連大使が米国を批判、非核化は「交渉から外れ

ワールド

北朝鮮、東倉里で「非常に重要な」実験成功 エンジン

ワールド

「指導者の裏切り許さない」、環境活動家グレタさんが

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を虐殺した」と言い始めた中国

  • 4

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 5

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 6

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 7

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 8

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 9

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 7

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月