最新記事

香港

香港を変える「第3の方法」ゼネスト

2019年7月8日(月)11時55分
ドミニク・チウ、ティファニー・ウォン

香港返還記念日(7月1日)のデモで機動隊と衝突する市民 THOMAS PETER-REUTERS

<市民が街頭に繰り出すデモ以上に、当局が脅威を感じるのは非暴力の「労働者の力」。世界を驚かせたデモの裏側で、1967年以来となるストが実施されていた>

香港の実業界は基本的に保守的で慎重だ。しかし、デモ隊と機動隊の激しい衝突を世界中が見守るなか、1000以上の中小企業や商店が香港では約50年ぶりとなるゼネストを実施した。

6月9日にある小さな配送サービス業者が、香港立法会(議会)で逃亡条例改正案の2回目の審議が行われる12日にストを実施すると宣言。それに続いてレストランや書店、食料品店、カフェなどが次々に、当日は営業をやめてデモに参加すると表明した。

短期的には、ストの影響は小さかった。しかし、抗議の新しい形が広がりを見せたことは、香港市民が中国政府に抵抗する有力な手段になり得るかもしれない。

香港で大規模なゼネストが最後に行われたのは、イギリスの統治下にあった1967年のこと。皮肉にも、中国共産党が扇動した抗議活動だった。

1967年の夏、相次いだ労働争議が暴動に発展した。親共産主義の活動家が6万人の労働者を動員してストライキを行い、2万人の学生が授業をボイコットした。暴徒が手製の爆弾を市内各所に仕掛けるなど、12月に沈静化するまでに51人が死亡、数百人が負傷した。

この暴動で香港市民は労働ストに嫌悪感を抱き、中国本土の政治的介入に警戒心を募らせた。その傾向は今日まで続いている。一方で、イギリスの植民地政府は前例のない社会改革を余儀なくされ、公共住宅の整備や労働審判制度の導入などが進み、労働者の福祉が向上した。

今回、香港労働組合連盟は加盟する約20万人にストへの参加を呼び掛けた。香港最大の教員組合は市内全域に授業のボイコットを呼び掛け、4000人の教員が応じた。業界最大手のキャセイ・パシフィック航空など、バスや航空会社の組合もストを実施した。

ただし、ゼネストとしてはかなり小規模だった。草の根で始まって断続的に実施されたことを考えれば無理もない。香港の企業の大多数は、通常どおり操業した。ストを実施した会社や商店の大半は小・中規模だ。中小企業は香港の全事業者の98%を占めるが、従業員数は労働人口の半分足らずだ。

経済活動停滞のダメージ

それでも6月12日の出来事は、持続的な非暴力運動の先駆けになるかもしれない。平和的な抗議デモは政府に無視されやすく、それでいて暴動は非難され鎮圧される。一方で、幅広い業界から労働者が集まる大規模なゼネストは、権力者に建設的な対応を余儀なくさせる第3の方法になり得るのだ。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 2

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 3

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 8

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 9

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 10

    トランプはなぜ極寒のグリーンランドが欲しいのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月