最新記事

英政治

独走ジョンソンは英首相の器なのか

The Last Tory Prime Minister?

2019年6月26日(水)17時40分
オーエン・マシューズ

党首選候補者のテレビ討論会に参加したジョンソン(6月18日) JEFF OVERSーBBCーREUTERS

<保守党党首選でトップを走る前外相はイギリス政界でも類を見ない型破り男――当選すれば「保守党最後の首相」になるかもしれない>

ぼさぼさ頭の元ジャーナリストが、気が付けばイギリスで最も顔を知られ、最も物議を醸す政治家になっていた。辞任を表明したテリーザ・メイ首相の後任争いで、ボリス・ジョンソン前外相はトップを独走中だ。

保守党党首選でジョンソンは、10人の候補者を2人に絞り込む313人の党所属下院議員による投票で首位に立った。5回目の議員投票で160票と過半数の票を獲得し、次点のジェレミー・ハント外相の77票を大きく上回った。2候補の決選投票は約16万人の党員によって行われ、7月下旬に新党首が決まる。

これまでの世論調査でジョンソンは、将来の総選挙で誰よりも支持を得られそうな指導者になると評価されてきた。08年には労働党支持者の多いロンドンで市長選に勝ち、「他政党の支持者にもアピールできる保守党員」という評判を手にした。ジョンソンは「有権者を笑顔にできるイギリスで唯一の政治家」だと、彼の親友は言う。

その型破りな人柄や軽妙な話術から、ジョンソンはカリスマ的人気を得ている。名門イートン校からオックスフォード大学に進んだという学歴を持ちながら、憎めないお調子者を演じているところも人気の理由だ。

だがジョンソンが保守党党首に、つまり首相になるという見通しが高まったことは、イギリスのエリート層にとって悪夢に近い。イギリスの公人で「あれほど嫌われている人間」は見当たらないと、彼の友人も認める。

私生活はお世辞にも品行方正とは言えず、妻以外の女性との間に子供が少なくとも1人いる。誠実さに疑問符を付ける見方も多く、ウィンストン・チャーチルやマーガレット・サッチャーの党のトップに座るには道徳的に問題があるとも言われる。

ジョンソンのデイリー・テレグラフ紙記者時代に上司だったマックス・ヘイスティングズは12年、彼を散々にこき下ろした。

「ボリスのうぬぼれの強さは金メダル級だ」と、ヘイスティングズは書いた。「一般の人が思うより、はるかに冷酷で嫌な男だ。類を見ないほどの目立ちたがり屋で、分別、思慮、忠誠心といったものとは全く縁遠い」

伝統を重んじ、政治的な冒険をしない保守党で、ジョンソンのような人物が党首になる可能性は本来ならゼロに近い。しかしブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる混乱は、保守党の品格だけでなく、政治的な慎重さも揺さぶったようだ。イギリスは当初期限の3月29日までにEU離脱を実行できず、屈辱的だが期限の半年延長をEUに要請した。これによってメイの首相としてのキャリアは終わり、政界に激変を招いた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、9月は84.3に悪化 予想下回る

ビジネス

アマゾン、10月中旬にも会員向けセールイベント 日

ワールド

インドネシア中銀、ルピア下支えへ「トリプル介入」態

ビジネス

ポンド安を非常に懸念、中銀に利上げ圧力=英労働党報

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月