最新記事

動物

走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの捜査開始

People Are Throwing Kittens From Moving Cars in North Carolina

2019年6月20日(木)16時00分
イワン・パーマー

車から投げ捨てられ、保安官事務所に保護された子猫 Craven County Sheriff’s Office/Facebook

<通報を受けた保安官事務所は国道や橋で怪我をした子猫を複数保護。情報提供を呼び掛けている>

米ノースカロライナ州の警察は、走る車の中から子猫が投げ捨てられたのを見た、という複数の通報を受け、捜査に乗り出した。クレイブン郡の保安官事務所は、この1カ月の間、国道70号線付近で、怪我をした子猫が複数発見された件について、市民に協力を呼びかけている。

【参考記事】世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

保安官事務所はフェイスブックに、過去数週間で保護した子猫の一匹の写真を投稿した。子猫の両目の下には複数の小さな擦り傷があり、片方の足はつま先から付け根まで傷だらけだ。

「動物虐待は許さない」と、チップ・ヒューズ保安官は声明で述べた。「厳しく取り締まる」

ヒューズは地元紙サン・ジャーナルに対して、動物虐待は「憎むべき」行為だと語った。

「なぜこんなことをするのか理解できない。車の下に猫が入り込んでいた、ということはあるが、今回のケースは偶然ではすまされない」

犯人は危険人物かもしれない

発見された子猫がすべて生き延びた訳ではない。中には橋から川に投げ込まれたらしい子猫もいた、とヒューズは語った。犯人逮捕のために今後は、事件が頻発している2つのエリアのパトロールを増やし、24時間体制で監視カメラをモニターする。

「どんなに小さな手がかりも見逃さない」とヒューズは言った。

車から動物を投げ捨てるところを目撃した人は通報して欲しい、できればナンバーも知らせて欲しい、とヒューズは言う。ただし、犯人は危険かもしれないので、出くわしても決して近づかないこと。

【参考記事】生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

ノースカロライナの州法では、動物虐待は「クラスH(有罪となれば禁錮4~25カ月の重罪)」に問われ訴追される可能性がある。

(翻訳:森美歩)

magSR190625issue-cover200.jpg
※6月25日号(6月18日発売)は「弾圧中国の限界」特集。ウイグルから香港、そして台湾へ――。強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴とは何か。香港デモと中国の限界に迫る。

ニュース速報

ビジネス

豪実質GDP、第1四半期は前期比-0.3% 30年

ビジネス

財新の中国サービス部門PMI、5月は50台回復 雇

ワールド

入国者の隔離、コロナ第2波防止に不可欠=英内相・運

ワールド

豪NSW州、13日から一部スポーツ施設を再開

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月