最新記事

環境

中国・韓国を苦しめる北朝鮮の大気汚染物質PM10

2019年6月19日(水)11時00分
チャ・ジヒョン、イ・テホン

韓国の首都ソウルを覆うスモッグの元凶は周辺国から飛来するPM10や2.5とみられている KIM HONG-JIーREUTERS

<北朝鮮国民はマスクなしの無防備な状態に──中韓のデータ共有に肝心の汚染源は知らん顔>

WHO(世界保健機関)発表の2017年のデータによれば、北朝鮮では深刻な大気汚染により10万人に239人の割合で死者が出ている。主な元凶は中国の急速な工業化と北朝鮮の老朽化した火力発電所だが、森林面積の減少も汚染の悪化に拍車を掛ける。北朝鮮はアジアで3番目に急速に森林の消失が進む国で、1990~05年には東アジアで最大の減少率を記録した。

人々の健康を脅かしているのは主にPM10と呼ばれる粒子状物質だが、北朝鮮当局はこの危機を事実上放置している。

PM10は直径が10マイクロメートル以下、髪の毛の太さの5分の1ほどの微細なちりで、皮膚や目、鼻、喉に付着し、気道に侵入して呼吸器に損傷を与える。韓国の保健当局によれば、PM10で虚血性心疾患と脳卒中のリスクも著しく高まるという。

問題の深刻さにもかかわらず、北朝鮮ではマスクをするといった簡単な予防策も普及していない。国民の多くは微細な粉塵が健康を脅かすことを知らず、全く無防備な状態に置かれている。

環境汚染は国境を越えて広がる。隣国の中国と韓国にもPM10が大量に飛来し、3カ国とも深刻なスモッグが人々の生活を脅かしている。韓国は17年にOECD(経済協力開発機構)加盟国中で大気汚染レベルが最もひどかった。中国の大気汚染による経済損失は年間約380億ドルとも推定されている。

こうしたなか韓国と中国は手を携えて対策に乗り出した。既に両国の38都市がリアルタイムで大気汚染データを共有している。こうした情報は研究調査や政策決定、警報システムの整備に利用され、より有効な予防措置の導入に役立つ。強制力はないものの、中韓の諸機関が多数の汚染防止協定を策定中で、共同研究も複数行われている。

協力は地域安定にプラス

韓国環境省によれば、中韓は緊急時リスク軽減措置の共同実施と人工降雨の技術交換について協議を進めており、両国の連携は引き続き強化されるだろう。

国境を越えて飛来するPM10の健康リスクを軽減する措置については、中韓の協力で改善が期待できる。広域の早期警戒システムが本格的に稼働すれば、より正確な警報を出せるだろう。

PM10の発生を防ぐ方策についても協議が進んでいるが、これに関してはより具体的で長期的な解決策と連携強化が求められる。いずれにせよ、中韓の連携は問題解決に向けた大きな一歩だ。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月