最新記事

選挙

インドネシア、現職ジョコ大統領再選 対立候補は「不正選挙」訴え緊張高まる

2019年5月21日(火)20時49分
大塚智彦(PanAsiaNews)

インドネシア大統領選を巡る公式開票結果で再選が確認されたジョコ大統領(写真)は、全国民のリーダーになると表明した。ジャカルタで4月撮影(2019年 ロイター/WILLY KURNIAWAN)

<1カ月にわたる開票作業の結果、現職再選となったインドネシア大統領選。5年前と同じ結果に納得できない勢力の不満はどんな形で噴出するか──>

インドネシアの総選挙管理委員会(KPU)は4月17日に投票が行われて開票作業を続けてきた大統領選挙の開票を終え、5月21日、現職のジョコ・ウィドド大統領(57)が勝利したことを正式に発表した。

開票率100%でジョコ・ウィドド大統領が55.50%、85,607,362票を獲得し、対立候補のプラボウォ・スビアント氏(67)の44.50%、68,650,239票を抑え、11%の差をつけて勝利した。ジョコ・ウィドド大統領は全国34州のうち21州で多数を獲得し、プラボウォ氏は13州に留まった。

これにより、ジョコ・ウィドド大統領がマアルフ・アミン副大統領とともに今後5年間のインドネシア政治を率いることになり、10月に行われる就任式に向けて内閣改造や国会議席配分の確定、国会議長選出などを進めて第二期ジョコ・ウィドド政治が本格的にスタートする。

今後5年間はこれまでジョコ・ウィドド大統領が行ってきたインフラ整備や教育、医療保険、地方開発、低所得者対策などの各政策の継続に加えて、新たな課題として首都移転構想や2032年の夏季オリンピック招致に取り組み、宗教や民族、性的少数者など社会的弱者にも配慮した国是「多様性の中の統一」と「寛容」を実現していくことが求められることになる。

対立候補は選挙結果を認めず

一方、前回2014年の大統領選挙に続いて一敗地にまみれたプラボウォ氏は、4月17日の投票前からジョコ・ウィドド大統領の優勢を伝える世論調査などを「信用するな」と支持者らに呼びかけ、投票直後から伝えられた複数の民間機関による開票速報値でも劣勢が伝えられたことから「自陣営の集計では過半数を超えており勝利している」と一方的に勝利宣言して、「プラボウォ新内閣の閣僚名簿」まで発表する迷走ぶりをみせていた。

今回の選管による正式集計結果に関しても発表前から「我々は選管の結果を受け入れない」との立場を示しており、今後どう対応していくのかが最大の焦点となっている。

プラボウォ氏自身は「暴力行為や破壊行為を慎むように」と支持者らに呼びかけているが、その一方で陣営からは「どちらかの支持者という訳でなく、不正選挙を追及する国民運動である」として「ピープルパワー」の結集が計画されている。

その主導者には1998年当時の民主化運動のシンボル的存在として学生の人気が高かった国民信託党の創設者アミン・ライス氏が加わっており、ジョコ・ウィドド大統領との対決姿勢を鮮明にしている。

選挙結果が最終的に確定した後、不服がある場合は3日以内に憲法裁判所に訴えることができる。前回2014年の選挙ではプラボウォ氏は不服を申し立てたものの却下された経緯がある。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月