最新記事

殺人事件

シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って胎児奪う

Missing Pregnant Teen Had Baby Ripped From Womb After She Was Killed

2019年5月17日(金)16時20分
イワン・パーマー

ベビー服をあげると言っておびき出された?19歳の被害者 Marlen Ochoa Family Photo

<人はどこまで残酷になれるのか>

米国で先月から行方不明になっていた19歳の妊婦が、5月15日に遺体で発見された。イリノイ州シカゴの住宅に誘い込まれて殺害され、その後に腹を切り裂いて胎児が取り出されたと警察はみている。

イリノイ州クック郡監察医務院は、シカゴの住宅で発見された遺体の身元を、19歳のマーレン・オーチョア=ロペスと確認した。

死因は絞殺。最後に目撃されたのは4月23日で、通学している高校を出た後、消息を絶った。妊娠9カ月だった。

オーチョア=ロペスの家族は、彼女が問題の住宅を訪ねたのは、フェイスブックで知り合ったクラリサ・フィゲロア容疑者(46)からベビーカーとベビー服を譲り受けるためだったと言う。家族の代理人を務めるセシリア・ガルシアは取材に対し、「この家の女性は、ベビー服が余っているので譲ると言っていた。それが、マーレンを誘い出すためのウソだったのだろう」と語った。

オーチョア=ロペスが最後に目撃されてから数時間後、フィゲロアは消防局に通報し、彼女自身がたった今家で出産したが、赤ん坊が息をしていないと説明したという。


事件のニュース映像。上は逮捕された3人。左がクラリサ・フィゲロア容疑者。


シカゴ市消防局は、オーチョア=ウリオステギが消息を絶った日、生まれたばかりの赤ん坊が苦しんでいるという通報があり、問題の住宅に急行したと認めている。消防局の関係者はシカゴ・トリビューン紙に、救急隊員が到着したとき、赤ん坊は「血の気を失っていた」と語った。

フィゲロアは、その後資金集めサイトで赤ん坊の葬儀費用を募ったりしてあくまで自分の子だという振りをしていたが、匿名の情報を得た捜査当局が病院に搬送された赤ん坊のDNAを検査し、オーチョア=ロペスの子どもであることを突き止めた。

警察によれば、犯人はオーチョア=ロペスを殺した後に遺体を切り裂いて子宮から胎児を取り去り、遺体は裏庭のゴミ箱に捨てたという。

シカゴ市警察の主任報道官アンソニー・ググリエルミはシカゴ・トリビューン紙に対し、「被害者を殺害した後、赤ん坊を取り出したとみられる」と説明した。現在、赤ん坊は危篤状態だという。

オーチョア=ロペスの死に関連して、警察はフィゲロアを含む問題の住人3人を逮捕した。

オーチョア=ウリオステギの夫ジョバンニ・ロペスはスペイン語でFOX32ニュースの取材に応じ、数週間にわたる懸命の捜索もむなしく妻が遺体で見つかって、「凄まじい心の痛み、苦しみ、悲しみ」を感じていると語った。

「もう耐えられない。最愛の女性を失うのはつらすぎる」

「加害者たちには法の裁きを受けてもらう」とロペスは付け加えた。「許せない。彼らは、自分たちがどれだけひどいことをしたか理解していない」

(翻訳:ガリレオ)

20190521cover-200.jpg
※5月21日号(5月14日発売)は「米中衝突の核心企業:ファーウェイの正体」特集。軍出身者が作り上げた世界最強の5G通信企業ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)。アメリカが支配する情報網は中国に乗っ取られるのか。各国が5Gで「中国製造」を拒否できない本当の理由とは――。米中貿易戦争の分析と合わせてお読みください。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 8

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    イランがホルムズ海峡を封鎖したらどうなるか──原油…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月