最新記事

アメリカ社会

米国、自殺未遂でERを受診した子どもの数が倍増している

2019年4月18日(木)19時00分
松岡由希子

自殺は若い世代で2番目に多い死因 (写真はイメージ)Boyloso-iStock

<米国で「自殺未遂や自殺念慮により緊急救命室(ER)を受診した18歳未満の子どもの数が2007年から2015年でほぼ倍増している」という調査結果が明らかに>

この10年でほぼ倍増

米国で「自殺未遂や自殺念慮(自殺に対する思考が精神を支配している状態)により緊急救命室(ER)を受診した18歳未満の子どもの数が2007年から2015年でほぼ倍増している」というショッキングな調査結果が明らかとなった。

加モントリオール・チルドレンズ病院のブレット・バーンスタイン博士らの研究チームは、全米病院外来医療調査(NHAMCS)の2007年から2015年までの調査データを用いて、18歳未満の子どもを対象に自殺未遂や自殺念慮による緊急救命室の受診状況を分析し、2019年4月8日、その結果を小児医学学術雑誌「JAMAピーディアトリクス」で発表した。

これによると、18歳未満の子どもの自殺未遂や自殺念慮による緊急救命室の年間受診件数は2007年時点の58万件から2015年には112万件へと約1.9倍増加し、緊急救命室の受診件数全体に占める割合も、2007年時点の2.17%から2015年には3.50%に増えている。

自殺は若い世代で2番目に多い死因

米国疾病管理センターによると、自殺は米国の10歳から34歳までの若い世代で2番目に多い死因だ。自殺未遂や自殺念慮は、将来の自殺につながりかねない重要な予測因子と考えられている。

研究チームでは、18歳未満の子どもが緊急救命室を受診した5万9921件のケースを分析したところ、そのうち1613件が自殺未遂や自殺念慮によるものであった。受診者の平均年齢は13歳で、5歳から11歳未満の子どもが43.1%を占めている。

研究チームは、18歳未満の子どもの自殺未遂や自殺念慮による緊急救命室の受診件数が増加している原因について「複数の因子が関係しているとみられ、結論づけることはできない」としながらも、地域レベルでのメンタルヘルスケアの体制整備や緊急救命室を受診した後のフォローアップなど、子どもの自殺を予防するための施策を積極的に講じるべきだと説いている。

目標達成へのプレッシャーやネットいじめも要因か......

このような調査結果に対し、児童精神科医でもある米ハーバード大学医学大学院のジーン・ベレシン教授は、米メディアCNNの取材で「自殺や抑鬱状態が明らかに増えている」と述べ、その原因として「現代の子どもは目標達成へのプレッシャーや学校でのプレッシャーなどを感じ、昔の子どもに比べて、将来、生計を立てられるかどうかの不安をより強く感じている」と分析する。

また、ベレシン教授は、ソーシャルメディアの普及でより深刻化しているネットいじめも要因のひとつに挙げている。米国疾病管理センターの調査では、米国の高校生の約15%が「過去1年間でネットいじめを受けた」と回答し、ピュー研究所の調査では、米国の10代の若者の59%が「ネットいじめを受けたことがある」と答えている。

米国では、子どもたちの心のケアを専門に担う児童精神科医が不足しているのも現状だ。米国児童青年精神科学会(AACAP)によると、米国50州のうち41州で、子ども10万人あたりの児童精神科医の人数が17人未満にとどまっている。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月