最新記事

アメリカ社会

米国、自殺未遂でERを受診した子どもの数が倍増している

2019年4月18日(木)19時00分
松岡由希子

自殺は若い世代で2番目に多い死因 (写真はイメージ)Boyloso-iStock

<米国で「自殺未遂や自殺念慮により緊急救命室(ER)を受診した18歳未満の子どもの数が2007年から2015年でほぼ倍増している」という調査結果が明らかに>

この10年でほぼ倍増

米国で「自殺未遂や自殺念慮(自殺に対する思考が精神を支配している状態)により緊急救命室(ER)を受診した18歳未満の子どもの数が2007年から2015年でほぼ倍増している」というショッキングな調査結果が明らかとなった。

加モントリオール・チルドレンズ病院のブレット・バーンスタイン博士らの研究チームは、全米病院外来医療調査(NHAMCS)の2007年から2015年までの調査データを用いて、18歳未満の子どもを対象に自殺未遂や自殺念慮による緊急救命室の受診状況を分析し、2019年4月8日、その結果を小児医学学術雑誌「JAMAピーディアトリクス」で発表した。

これによると、18歳未満の子どもの自殺未遂や自殺念慮による緊急救命室の年間受診件数は2007年時点の58万件から2015年には112万件へと約1.9倍増加し、緊急救命室の受診件数全体に占める割合も、2007年時点の2.17%から2015年には3.50%に増えている。

自殺は若い世代で2番目に多い死因

米国疾病管理センターによると、自殺は米国の10歳から34歳までの若い世代で2番目に多い死因だ。自殺未遂や自殺念慮は、将来の自殺につながりかねない重要な予測因子と考えられている。

研究チームでは、18歳未満の子どもが緊急救命室を受診した5万9921件のケースを分析したところ、そのうち1613件が自殺未遂や自殺念慮によるものであった。受診者の平均年齢は13歳で、5歳から11歳未満の子どもが43.1%を占めている。

研究チームは、18歳未満の子どもの自殺未遂や自殺念慮による緊急救命室の受診件数が増加している原因について「複数の因子が関係しているとみられ、結論づけることはできない」としながらも、地域レベルでのメンタルヘルスケアの体制整備や緊急救命室を受診した後のフォローアップなど、子どもの自殺を予防するための施策を積極的に講じるべきだと説いている。

目標達成へのプレッシャーやネットいじめも要因か......

このような調査結果に対し、児童精神科医でもある米ハーバード大学医学大学院のジーン・ベレシン教授は、米メディアCNNの取材で「自殺や抑鬱状態が明らかに増えている」と述べ、その原因として「現代の子どもは目標達成へのプレッシャーや学校でのプレッシャーなどを感じ、昔の子どもに比べて、将来、生計を立てられるかどうかの不安をより強く感じている」と分析する。

また、ベレシン教授は、ソーシャルメディアの普及でより深刻化しているネットいじめも要因のひとつに挙げている。米国疾病管理センターの調査では、米国の高校生の約15%が「過去1年間でネットいじめを受けた」と回答し、ピュー研究所の調査では、米国の10代の若者の59%が「ネットいじめを受けたことがある」と答えている。

米国では、子どもたちの心のケアを専門に担う児童精神科医が不足しているのも現状だ。米国児童青年精神科学会(AACAP)によると、米国50州のうち41州で、子ども10万人あたりの児童精神科医の人数が17人未満にとどまっている。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

物価のパラダイムシフト想定せず=レーンECB理事

ビジネス

各国中銀のコロナ対策、金融安定リスク招く恐れ=クリ

ワールド

中国の駐米大使離任へ、強硬派の外務次官が後任の見通

ビジネス

金利調整巡る議論「まだかなり先」、経済指標を注視=

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 3

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 4

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 7

    東京五輪の「国際公約化」は日本政府の自作自演

  • 8

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月