最新記事

シリア

婚約者を呼び寄せられず、ドイツからシリアに戻った若者の悲劇

A Deadly Welcome

2019年3月11日(月)16時50分
アンチャル・ボーラ(ジャーナリスト)

アサド大統領のポスターとその下に座り込む男性(昨年6月) OMAR SANADIKI-REUTERS

<ドイツやレバノンなど難民の受け入れ国は帰国を推進するが、現地では帰還者への拷問や虐待が急増している>

シリア内戦が終わりに近づき、空爆の恐怖が沈静化するにつれて、シリア難民の受け入れ国では帰国を促す動きが活発化している。だが帰国した難民を待っているのは、母国を脱出する前と変わらない迫害の日々だ。何人かは悪名高い刑務所に収容され、そのまま行方不明になった。

フォーリン・ポリシー誌は、シリア帰国後に行方不明となった2人の難民の親族に話を聞いた。支援団体によれば、同様の事例は多数ある。何人かは強引に徴兵され、政府軍に入隊した。

シリアは今も以前と同じ警察国家だ。同じ政権、同じ治安機関が数千人の政治犯の拘束を続けている。しかし、レバノンやドイツを含む難民の受け入れ国では、難民の帰国政策を求める政治的圧力が強まっている。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、強制送還は国際法違反の可能性が高いと各国に警告した。だが受け入れ国の政府は事実上、帰国政策推進の姿勢を変えておらず、難民と支援者は危機感を強めている。

ドイツに避難していたアッサールという若者は、官僚機構の壁に阻まれてシリアにいる婚約者を呼び寄せることができず、やむを得ず帰国することにした。ドイツ政府が提供する1200ユーロ(約15万円)の支度金と、ドイツ国内で高まる反難民感情も、帰国の決断を後押しした。

ダマスカスに戻って2週間後、アッサールは情報機関の呼び出しを受けた。家族との電話ですぐ帰ると伝えたが、その後消息不明に。両親が仲介者に金を払って調べてもらったところ、拘束されていることが分かった。

今もドイツにいるアッサールのいとこは、こう語った。「彼は何度も(婚約者を)呼び寄せようとしたが、かなわなかった。アッサールは寂しがり、精神的疲労と気分の落ち込みに悩むようになった。それが帰国の最大の理由だ」

アサド政権側の標的に

ドイツ政府は支度金を含む難民の帰国支援に、約4000万ユーロ(約50億円)の予算を組んでいる。表向きは既に帰国を決めた難民の経済的負担の軽減が目的だが、危険な帰国を難民に選択させる要因になっているという批判もある。

アッサールとよく似た事情でドイツを離れたヤシムも、やはり行方不明になった。今もドイツにとどまるいとこのモハンマドによれば、ヤシムは妻を呼び寄せるために必要な書類を用意できなかった。ダマスカス南部のヤルムークにあるパレスチナ難民キャンプで暮らしていたとき、政府軍と反政府勢力の戦闘で全ての書類が失われたためだ。

「彼はドイツを出国後、レバノン・シリア国境付近で拘束された。その後のことは何も分からない」と、モハンマドは言った。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

コロナ感染の米大統領補佐官が職務復帰、トランプ氏と

ワールド

原油先物は上昇、米追加刺激策の進展期待で

ワールド

コロナ感染、若者の割合3倍超に WHO「気緩めず予

ビジネス

米SEC、コダックへの政府融資巡る状況を調査=WS

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国のコンテンツビジネス、ダントツの稼ぎ頭は......

  • 3

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 4

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 5

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 6

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トラ…

  • 7

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 8

    「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか?…

  • 9

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 10

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 9

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 10

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月