最新記事

予防接種

保護者の意思に反して自らワクチン接種したアメリカの高校生が公聴会出席

2019年3月6日(水)16時10分
松岡由希子

両親の意思に反してワクチンを接種した高校生イーサン・リンデンベルガーさん NBC News

<予防接種への躊躇が深刻な問題になっている中、両親の意思に反してワクチンを接種した高校生が公聴会に招致された>

被接種者や保護者に広がる予防接種への躊躇が深刻な問題に

米国では、2019年に入ってからも麻疹(はしか)の感染が拡大し、2月28日までにワシントン州テキサス州イリノイ州など11州で206名の感染者が確認された。

その要因のひとつとして、被接種者やその保護者に広がる予防接種への躊躇や不安感が深刻な問題となっている。このような事態を受け、米国連邦議会上院の保健・教育・労働・年金委員会が、両親の意思に反してワクチンを接種した高校生イーサン・リンデンベルガーさん(18歳)を公聴会に招致したことが明らかとなった。

リンデンベルガーさんは、公聴会への出席に際し、自身のツイッターアカウントで「ワクチンの重要性を証言できるのはうれしい」と前向きな姿勢を示している。

「18歳になりました。どこでワクチンを接種できますか」

オハイオ州ノーウォーク高校に在学中のリンデンベルガーさんは、ワクチン反対を信条とする両親の影響で、ワクチン未接種のまま育った。リンデンベルガーさんは、自らユーチューブに投稿した動画で「僕の母は、ワクチンが人々の健康や社会の安定に役立つとは考えておらず、自閉症や脳障害、その他の合併症を引き起こすものだと信じていました」と述べている。

米国では、オハイオ州を含む17州で、個人的な信条を理由としたワクチン接種の免除が認めてられている

公聴会出席前にYouTubeで思いを語る

成年年齢の18歳に達し、法的な意思表示ができるようになったリンデンベルガーさんは、ワクチン接種について、研究論文やアメリカ疾病管理予防センター(CDC)からの情報などを調べはじめた。2018年11月には、掲示板サイト「レディット」に「18歳になりました。どこでワクチンを接種できますか」という質問を投稿して他のユーザーからの助言を募り、12月には、自らの意思のもと、オハイオ州保健省でワクチンを接種した。

最近の予防可能な疾病が発生している要因が議論される

リンデンベルガーさんは、米紙「ワシントンポスト」の取材に対し、「僕が調べたところ、明らかにワクチンを擁護する証拠のほうが多かったです」と答えている。

2019年3月5日午前10時(現地時間)に開催された上院の公聴会には、リンデンベルガーさんのほか、ワシントン州保健省のジョン・ヴィースマン長官、テネシー大学のジョナサン・マッカラーズ教授らが証人として出席し、最近の麻疹の流行など、予防可能な疾病が発生している要因やその対策などについて議論された。

NBC Nightly News

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 5

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 9

    韓国カフェ:ゴミ対策で使い捨てカップ禁止にしたら…

  • 10

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月