最新記事

予防接種

保護者の意思に反して自らワクチン接種したアメリカの高校生が公聴会出席

2019年3月6日(水)16時10分
松岡由希子

両親の意思に反してワクチンを接種した高校生イーサン・リンデンベルガーさん NBC News

<予防接種への躊躇が深刻な問題になっている中、両親の意思に反してワクチンを接種した高校生が公聴会に招致された>

被接種者や保護者に広がる予防接種への躊躇が深刻な問題に

米国では、2019年に入ってからも麻疹(はしか)の感染が拡大し、2月28日までにワシントン州テキサス州イリノイ州など11州で206名の感染者が確認された。

その要因のひとつとして、被接種者やその保護者に広がる予防接種への躊躇や不安感が深刻な問題となっている。このような事態を受け、米国連邦議会上院の保健・教育・労働・年金委員会が、両親の意思に反してワクチンを接種した高校生イーサン・リンデンベルガーさん(18歳)を公聴会に招致したことが明らかとなった。

リンデンベルガーさんは、公聴会への出席に際し、自身のツイッターアカウントで「ワクチンの重要性を証言できるのはうれしい」と前向きな姿勢を示している。

「18歳になりました。どこでワクチンを接種できますか」

オハイオ州ノーウォーク高校に在学中のリンデンベルガーさんは、ワクチン反対を信条とする両親の影響で、ワクチン未接種のまま育った。リンデンベルガーさんは、自らユーチューブに投稿した動画で「僕の母は、ワクチンが人々の健康や社会の安定に役立つとは考えておらず、自閉症や脳障害、その他の合併症を引き起こすものだと信じていました」と述べている。

米国では、オハイオ州を含む17州で、個人的な信条を理由としたワクチン接種の免除が認めてられている

公聴会出席前にYouTubeで思いを語る

成年年齢の18歳に達し、法的な意思表示ができるようになったリンデンベルガーさんは、ワクチン接種について、研究論文やアメリカ疾病管理予防センター(CDC)からの情報などを調べはじめた。2018年11月には、掲示板サイト「レディット」に「18歳になりました。どこでワクチンを接種できますか」という質問を投稿して他のユーザーからの助言を募り、12月には、自らの意思のもと、オハイオ州保健省でワクチンを接種した。

最近の予防可能な疾病が発生している要因が議論される

リンデンベルガーさんは、米紙「ワシントンポスト」の取材に対し、「僕が調べたところ、明らかにワクチンを擁護する証拠のほうが多かったです」と答えている。

2019年3月5日午前10時(現地時間)に開催された上院の公聴会には、リンデンベルガーさんのほか、ワシントン州保健省のジョン・ヴィースマン長官、テネシー大学のジョナサン・マッカラーズ教授らが証人として出席し、最近の麻疹の流行など、予防可能な疾病が発生している要因やその対策などについて議論された。

NBC Nightly News

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

焦点:希望見えないウクライナ難民、ホームレス化する

ワールド

南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、衛星写真で判

ワールド

中国、主要産業のハッキング対策強化へ

ビジネス

オムロン、国内外で約2000人削減 構造改革で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中