最新記事

麻薬戦争

幼稚園児にも反麻薬教育を 低年齢化、国際化が広がるフィリピン最新麻薬事情

2019年3月1日(金)13時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

昨年カリフォルニアから空輸されたおもちゃ箱に入っていた覚せい剤2キロ Romeo Ranoco - RETURE

<強硬な姿勢で麻薬対策を続けるフィリピンドゥテルテ大統領だが、より一層の取り締まり強化を発表した>

フィリピンのドゥテルテ大統領が2016年6月の大統領就任以来最重要政策の柱としている麻薬関連犯罪対策は、その当初から容疑者らへの司法手続きを無視した形の「超法規的殺人」が「人権無視」として国際社会や国内人権団体、キリスト教組織などから非難を浴びているが、一方で麻薬関連犯罪の抑止効果もあげ、国民からは依然として高い支持率を得ている。

そうした支持を背景にドゥテルテ大統領は最近、幼稚園児から高校生までの教育現場で反麻薬教育を導入する計画を明らかにするとともに、さらに厳格な取り締まりを関係当局に指示するなど相変わらずの強気の政策を続けている。

また「私の麻薬対策の最大の敵は身内の政府の中にある」などと指摘して麻薬犯罪の撲滅の難しさを嘆く一方で、中南米の国際的麻薬カルテルがフィリピンに進出しているとの見方を示して、麻薬戦争がより巧妙化、国際化しているとの認識を示した。

「麻薬対策にさらなる血を」

2月20日にドゥテルテ大統領は政府の麻薬対策強化の新たなキャンペーン方針に署名した。具体的にどのように麻薬対策が強化されるのかは明らかにされていないが、記者会見では「今後麻薬対策はより血塗られたものになるということか」という質問に対して、大統領は「そうなると思う」と応じたと現地メディアは伝えている。

ドゥテルテ大統領の就任以来、麻薬犯罪対策では「超法規殺人」が容認され、これまでの警察発表で約5000人が司法手続きなしに現場で殺害されている。
非公式には1万人以上が犠牲になっていると言われるが、警察側は「警察官や取締官の正当防衛の結果が多く含まれている」と釈明し、「超法規的殺人」自体を否定し続けている。

地元紙はまた世論調査で国民の約70%が周囲の麻薬所持者、麻薬常習者が減少したと答え、麻薬対策が地域コミュニティーに一定の成果を与えていることを報じている。

幼稚園児から高校生まで麻薬教育徹底を

麻薬犯罪対策の強化と同時にドゥテルテ大統領は2月10日、教育省と保健省などに対し、未成年の児童生徒に学校教育の現場で麻薬教育を徹底するよう指示したことを明らかにした。

現地からの報道等によるとドゥテルテ大統領による麻薬教育方針は対象が幼稚園児から高校3年生にあたる12学年までで、幼稚園や学校などの教育現場に麻薬捜査や麻薬問題などの専門家を派遣して実施する予定で、週に1回、17週間というカリキュラムで行うことを検討しているという。

ニュース速報

ワールド

マドリード封鎖へ、モスクワは在宅勤務要請 コロナ第

ビジネス

伊公的債務の対GDP比目標、21年は155.8%に

ビジネス

米ISM製造業景気指数、9月は低下 回復鈍化示す

ビジネス

米ペプシコ、通期利益見通し予想上回る コロナ禍で菓

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べるヘビ

  • 3

    かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

  • 4

    「驕る習近平は久しからず」中国コワモテ外交の末路

  • 5

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    米国と台湾が共同インフラ計画で連携 中国の一帯一…

  • 8

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 4

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べる…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月