最新記事

選挙

首相候補は王女様! 王室批判厳禁のタイ、AKBのカバー歌う大物登場で選挙戦は波乱含みに

2019年2月8日(金)18時36分
大塚智彦(PanAsiaNews)

ウボンラット王女の首相候補申請書類を掲げる「タイ国家維持党」の幹部 Athit Perawongmetha-REUTERS

<8年ぶりに実施されるタイ総選挙で現職のプラユット首相に強力なライバルが登場した。庶民派のウボンラット王女だ>

3月24日に投票されるタイの総選挙(下院・定数500)で各政党は擁立する首相候補も届けることになっているが、「タイ国家維持党」は2月8日、同党の首相候補としてウボンラット王女(67)を擁立することを決め、選挙管理委員会に届け出た。

タイの王室関係者が首相候補になることは異例中の異例で、選管では届け出を受理するかどうか慎重に検討しているという。

ウボンラット王女を首相候補としたのは「タイ貢献党」から分派した「タイ国家維持党」で、両党ともにタクシン元首相支持派の政党である。

総選挙で民政移管を果たそうとする軍政のプラユット首相は親軍政党「国民国家の力党」からの要請を受けて8日、首相候補となることを受諾しており、このままいくと軍政トップの現プラユット首相とウボンラット王女が首相候補として「激突」することになる。

選挙管理委員会によると7日までに立候補を届け出たのは66政党の7409人の候補者で、7政党が首相候補者を届けており、そこに現職首相と王女という候補が加わることになる展開になりそうだ。

ただ、タイでは王室に対する批判や失礼は「不敬罪」が適用されて厳しく処罰されるケースが多い。このため王女が選挙戦に実際に出馬した場合、対立候補や他の政党が選挙戦で王女を批判することはおろか言及することすら難しくなることも考えられ、異例の選挙戦となる可能性が指摘されている。

ウボンラット王女、王室離脱も準ずる扱い

ウボンラット王女は2016年に死去したプミポン前国王の長女で、正式名はウボンラッタナラーチャカンヤーシリワッタナーパンナワディー。スイスのローザンヌで生まれ、米マサチューセッツ工科大学(MIT)に留学して数学の理学博士号を取得している。この留学中に知り合った米国人と結婚したため王室典範に基づき王室籍を離れた。

その後カリフォルニア大学ロスアンゼルス校で公衆衛生学修士を取得したが、1998年に離婚してタイに帰国。離婚したことでプミポン国王の外戚として王族に準じた扱いを現在まで受けている。米国人の前夫との間に子供が3人いる。現在のワチラロンコン国王は弟にあたる。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月