最新記事

メディア

ドゥテルテ、政権批判のメディアに圧力 元CNN著名記者のニュースサイトを脱税、名誉棄損で起訴

2019年2月8日(金)17時35分
大塚智彦(PanAsiaNews)

政権批判の報道でドゥテルテ大統領から圧力を受けるマリア・レッサ氏。写真は昨年11月脱税容疑で起訴された際のもの。 Eloisa Lopez - REUTERS

<フィリピンのドゥテルテ大統領は、麻薬やテロに対して厳罰主義で臨んでいるが、その強硬な姿勢は報道機関にも向けられている>

フィリピンのドゥテルテ政権が国民の高い支持率を背景に、政策に異を唱えたり、大統領自身への批判を強めたりしているメディアに対してこのところ「圧力」を強めている。

フィリピンの新しい形態のメディアとして2012年に誕生したニュースウェッブサイトの「Rappler(ラップラー)」の創業者で同社最高経営責任者(CEO)、編集長でもあるマリア・レッサさんに対し、司法省検察当局は2月6日に名誉棄損容疑で起訴する方針を明らかにした。同容疑で有罪となれば最高で禁固12年の刑となる。

レッサさんは2018年には企業認可取り消し命令を受けたり、脱税容疑で起訴されたり、さらに大統領府「マラカニアン宮殿」での記者会見への出席を拒否されるなどの「圧力」を受けている。そこへきて今回は名誉棄損容疑と立て続けの受難に見舞われており、一連の動きの背景には「政治的意向」の存在を指摘する見方が強まっている。

「ラップラー」は2016年6月のドゥテルテ政権誕生直後から大統領が進める強硬な麻薬対策に強い反対を表明してきた。特に治安当局者を中心にした麻薬関連犯罪容疑者に対する「超法規的殺人」を黙認するような方針に対して「容疑者の人権を著しく侵害するものであり、容認できるものではない」との立場から強い反対論を展開してきた。

元CNNの東南アジア専門ベテラン記者

レッサさんは米CNNのマニラ支局長、ジャカルタ支局長などを歴任し、25年間東南アジアの報道に携わったベテラン記者だ。特にインドネシアに関する報道ではCNNジャカルタ支局の初代支局長として、1998年のスハルト長期独裁政権の崩壊につながる民主化の過程を精力的に取材して、CNNの東南アジア報道の評価を高めたといわれている。

CNNからフィリピンのケーブルテレビに移籍してニュースキャスターを務めながらフィリピン大学や米プリンストン大学でジャーナリズムや東南アジア政治を講義するなど活躍。その経験を活かして「これからのジャーナリズムは視聴者参加型になる」との信念から、視聴者も投稿で参加ができる「ラップラー」を2012年に立ち上げた。

「ラップラー」は「おしゃべりという意味のrap」と「波紋を意味するripple」を合わせた造語で、自由なおしゃべりで国民の感情に波紋を呼び起こす、とのメディアとしての願いを込めたという。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月