最新記事

メディア

ドゥテルテ、政権批判のメディアに圧力 元CNN著名記者のニュースサイトを脱税、名誉棄損で起訴

2019年2月8日(金)17時35分
大塚智彦(PanAsiaNews)

政権批判の報道でドゥテルテ大統領から圧力を受けるマリア・レッサ氏。写真は昨年11月脱税容疑で起訴された際のもの。 Eloisa Lopez - REUTERS

<フィリピンのドゥテルテ大統領は、麻薬やテロに対して厳罰主義で臨んでいるが、その強硬な姿勢は報道機関にも向けられている>

フィリピンのドゥテルテ政権が国民の高い支持率を背景に、政策に異を唱えたり、大統領自身への批判を強めたりしているメディアに対してこのところ「圧力」を強めている。

フィリピンの新しい形態のメディアとして2012年に誕生したニュースウェッブサイトの「Rappler(ラップラー)」の創業者で同社最高経営責任者(CEO)、編集長でもあるマリア・レッサさんに対し、司法省検察当局は2月6日に名誉棄損容疑で起訴する方針を明らかにした。同容疑で有罪となれば最高で禁固12年の刑となる。

レッサさんは2018年には企業認可取り消し命令を受けたり、脱税容疑で起訴されたり、さらに大統領府「マラカニアン宮殿」での記者会見への出席を拒否されるなどの「圧力」を受けている。そこへきて今回は名誉棄損容疑と立て続けの受難に見舞われており、一連の動きの背景には「政治的意向」の存在を指摘する見方が強まっている。

「ラップラー」は2016年6月のドゥテルテ政権誕生直後から大統領が進める強硬な麻薬対策に強い反対を表明してきた。特に治安当局者を中心にした麻薬関連犯罪容疑者に対する「超法規的殺人」を黙認するような方針に対して「容疑者の人権を著しく侵害するものであり、容認できるものではない」との立場から強い反対論を展開してきた。

元CNNの東南アジア専門ベテラン記者

レッサさんは米CNNのマニラ支局長、ジャカルタ支局長などを歴任し、25年間東南アジアの報道に携わったベテラン記者だ。特にインドネシアに関する報道ではCNNジャカルタ支局の初代支局長として、1998年のスハルト長期独裁政権の崩壊につながる民主化の過程を精力的に取材して、CNNの東南アジア報道の評価を高めたといわれている。

CNNからフィリピンのケーブルテレビに移籍してニュースキャスターを務めながらフィリピン大学や米プリンストン大学でジャーナリズムや東南アジア政治を講義するなど活躍。その経験を活かして「これからのジャーナリズムは視聴者参加型になる」との信念から、視聴者も投稿で参加ができる「ラップラー」を2012年に立ち上げた。

「ラップラー」は「おしゃべりという意味のrap」と「波紋を意味するripple」を合わせた造語で、自由なおしゃべりで国民の感情に波紋を呼び起こす、とのメディアとしての願いを込めたという。

ニュース速報

ビジネス

富士通、4―9月期営業利益は12.4%減 コロナ影

ワールド

中国、ポンペオ氏のスリランカ訪問前に米国の介入けん

ビジネス

自民党、金融庁・日銀の業務縦割り改善で河野行革相に

ビジネス

日経平均は続落、米株安を嫌気 好決算銘柄への物色が

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 5

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 9

    中国はトランプ再選を願っている

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月