最新記事

ヘルス

マインドフルネスで「太る生活」と決別しよう

Mindfulness and Weight Loss

2019年1月17日(木)18時20分
カシュミラ・ガンダー

太っている自分やつい食べ過ぎてしまう自分を「ダメ人間」と責めないことも減量のコツだ Milkos/iStock.

<確実に痩せてリバウンドなし健康的な食習慣が自然と身につく減量法>

今ここに意識を向けることでストレスを解消し、集中力を高める「マインドフルネス」。この画期的なストレス対処法は減量にも効果がありそうだ。

学術誌「臨床内分泌代謝ジャーナル」で発表された研究では、マインドフルネスのレッスンを受けながら減量を試みた人たちは対照群に比べ減量成功率が高かった。

肥満は世界中で猛威を振るう「現代病」だ。WHO(世界保健機関)によると、世界で年間少なくとも280万人が過体重か肥満に関連した疾患で死亡している。特に北米と南米では人口の62%が過体重で、肥満に絞っても26%に上る。

ストレスによるやけ食いやタガの外れた暴食、極端なカロリー制限とその反動による過食など、不健康な食生活が長年積み重なって肥満を招く。そのため肥満を解消するには長期にわたる生活習慣の改善が必要だが、これがなかなか難しい。

研究チームはマインドフルネスによって食べ物との向き合い方が変わるのではないかと考えた。自分の気持ちや状態に意識を向けるようになれば、過食につながる兆候を鋭くキャッチできるかもしれない。

マインドフルネスには自律神経のバランスを保つ効果があり、心臓病や癌、うつ病、不安神経症の改善にも有効だと考えられている。

減量への効果を調べる研究には、英コベントリー大学病院&ウォリックシャー国民保健サービス(NHS)財団の体重管理プログラムの登録者53人が参加した。研究チームは彼らのプログラム参加時と終了時の体重を記録し、食べ物への思いや食習慣について詳しく聞いた。

自己肯定感を高める

53人のうち33人はマインドフルネスのレッスンを受け、残り20人は対照群とした。

レッスン参加者は五感を働かせて、よく味わいながら食べる「マインドフル・イーティング」を学んだほか、太っていることで恥ずかしい思いをした経験を仲間と語り合った。また自分の体型や意志の弱さに自分でダメ出しする癖に気づき、その呪縛を解くエクササイズを実践。ありのままの自分を受け入れて自己肯定感を高め、心の健康を取り戻すセラピーも受けた。

レッスンを受けた人は平均して対照群より約3キロ多く減量できた。彼らは食べ物に対する異常な執着が減り、体重を管理しやすくなったと報告した。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメディアの罪

  • 3

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文化破壊

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    インドネシア大統領選、敗北認めぬ候補支持者が大規模…

  • 8

    ボストン・ダイナミクスの四足歩行ロボット、10台で…

  • 9

    米朝対話で狭まる北朝鮮の選択肢

  • 10

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 10

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月