最新記事

ヘルス

マインドフルネスで「太る生活」と決別しよう

Mindfulness and Weight Loss

2019年1月17日(木)18時20分
カシュミラ・ガンダー

太っている自分やつい食べ過ぎてしまう自分を「ダメ人間」と責めないことも減量のコツだ Milkos/iStock.

<確実に痩せてリバウンドなし健康的な食習慣が自然と身につく減量法>

今ここに意識を向けることでストレスを解消し、集中力を高める「マインドフルネス」。この画期的なストレス対処法は減量にも効果がありそうだ。

学術誌「臨床内分泌代謝ジャーナル」で発表された研究では、マインドフルネスのレッスンを受けながら減量を試みた人たちは対照群に比べ減量成功率が高かった。

肥満は世界中で猛威を振るう「現代病」だ。WHO(世界保健機関)によると、世界で年間少なくとも280万人が過体重か肥満に関連した疾患で死亡している。特に北米と南米では人口の62%が過体重で、肥満に絞っても26%に上る。

ストレスによるやけ食いやタガの外れた暴食、極端なカロリー制限とその反動による過食など、不健康な食生活が長年積み重なって肥満を招く。そのため肥満を解消するには長期にわたる生活習慣の改善が必要だが、これがなかなか難しい。

研究チームはマインドフルネスによって食べ物との向き合い方が変わるのではないかと考えた。自分の気持ちや状態に意識を向けるようになれば、過食につながる兆候を鋭くキャッチできるかもしれない。

マインドフルネスには自律神経のバランスを保つ効果があり、心臓病や癌、うつ病、不安神経症の改善にも有効だと考えられている。

減量への効果を調べる研究には、英コベントリー大学病院&ウォリックシャー国民保健サービス(NHS)財団の体重管理プログラムの登録者53人が参加した。研究チームは彼らのプログラム参加時と終了時の体重を記録し、食べ物への思いや食習慣について詳しく聞いた。

自己肯定感を高める

53人のうち33人はマインドフルネスのレッスンを受け、残り20人は対照群とした。

レッスン参加者は五感を働かせて、よく味わいながら食べる「マインドフル・イーティング」を学んだほか、太っていることで恥ずかしい思いをした経験を仲間と語り合った。また自分の体型や意志の弱さに自分でダメ出しする癖に気づき、その呪縛を解くエクササイズを実践。ありのままの自分を受け入れて自己肯定感を高め、心の健康を取り戻すセラピーも受けた。

レッスンを受けた人は平均して対照群より約3キロ多く減量できた。彼らは食べ物に対する異常な執着が減り、体重を管理しやすくなったと報告した。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 3

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 4

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 5

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 6

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 9

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 10

    アップルの税逃れ拠点、アイルランドの奇妙な二重生活

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 10

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月