最新記事

アフリカ

希少なアフリカゾウを殺戮する側の論理

License to Kill

2019年1月15日(火)17時00分
レイチェル・ヌワー(科学ジャーナリスト)

世界的な象牙の需要急増でかつて4000頭を誇ったチャドのザクーマ国立公園では10年足らずで個体数が400頭にまで減ってしまった Godong-UIG/GETTY IMAGES

<チャドのザクーマ国立公園で象を殺戮する隣国スーダンの武装組織が、レンジャー部隊と熾烈な攻防を繰り広げている>

もうアフリカ象の命運は尽きたと誰もが諦めかけていた11年、リアンとローナのラブスカフニ夫妻はアフリカ中央部チャドのザクーマ国立公園に着任した。

当時も象牙の需要は増える一方で、アフリカ全土で象の個体数は激減していた。4000頭というアフリカ最大級の群れを誇ったザクーマの象も、主に隣国スーダンの騎馬民兵隊ジャンジャウィードによる密猟で、10年足らずのうちにわずか400頭にまで減っていた。

そこで非営利団体アフリカン・パークスはチャド政府と協力して野生の象を守るべく、南アフリカから活動家のラブスカフニ夫妻を呼び寄せた。人生を動物の保護にささげてきた夫妻は速やかに警備体制を見直し、地域社会との結束を強め、活動が困難な雨期も現場にレンジャーを配置した。

事態は1年で好転した。夫妻が知る限り、11年に殺された象は7頭のみ。密猟対策を公園外まで拡大できそうに思えた。象の群れが移動する雨期は、園外での保護が特に重要だ。追跡してみると、200頭ほどの群れが約100キロ北のエバンと呼ばれる沼地に向かっていた。

豪雨の中で陸路を移動するのは不可能だから、リアンはエバンに滑走路と基地を建設した。こうしてレンジャー部隊「チーム・バッファロー」が2週間交代で象の保護に当たるようになった。

だが12年8月、部隊の1人が北の森で馬3頭と人間1人が通った跡を発見。翌日には50発の銃声が響いた。さらにその翌日には応援部隊を乗せた飛行機の操縦士が、上空から密猟者の野営地を見つけた。識別番号Z6の象が銃弾で蜂の巣にされ、死んでいるのも見つかった。牙はまだ抜かれていなかった。

スーダン軍関与の証拠

部隊はジャンジャウィードの野営地を急襲した。だがそこには男が1人いただけで、驚いた男は発砲して森に逃げ込んだ。野営地には大掛かりな密猟作戦の証拠が残されていた。1000発を超える弾薬、ソーラーパネルに馬用の薬、食料も大量に見つかった。

スーダン軍との関係を示す証拠もあった。軍服、司令官が署名した休暇許可証。書類には兵士のIDと名前が入っていた。兵士兼密猟者たちはレンジャー部隊に野営地を破壊され、馬も武器も食料も没収されて身ひとつで放り出された。危険は去ったと、ザクーマ国立公園では誰もが胸をなで下ろした。これで密猟者は尻尾を巻いてスーダンに逃げ帰るしかない......。

だが違っていた。急襲作戦から1カ月近くが経過した9月3日の早朝、密猟者たちが報復に戻ってきたのだ。

夜中のうちにレンジャーの野営地に忍び込み、身を潜めていた彼らは朝の祈りでテントから出てきたレンジャーたちに銃撃を浴びせた。これでレンジャー5人が殺害された。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中