最新記事

香港

現金が空から降ってくる!? 香港で現金をばら撒いた男性逮捕

2018年12月18日(火)13時30分
松丸さとみ

South China Morning Post-YouTube

師走の街に空から現金が

12月15日、香港の街で空から現金の雨が降ってきた。しかも映画の撮影ではなく、おもちゃのお金でもない。

香港の英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)(15日付)によると、現金の雨が降ってきたのは香港の貧しい地域シャムスイポー(深水埗)地区で、場所は地下鉄駅からも近い福華街だ。九龍島に位置し、香港の下町と言われている。

現金をばら撒いたのは、24歳の男性、ウォン・チンキット(黄鉦杰)氏だ。仮想通貨の会社エポック・クリプトカレンシーのオーナーで「若きコインの達人」と呼ばれているという。同社はフェイスブック・ページで、現金をばらまく様子をライブ配信した。この動画の中で、カメラに向かって話している黒いパーカーを着た男性がウォン氏とみられている。

SCMPによると、ビデオの中でウォン氏がカメラに向かって話しているのは、「お金が空から降ってくるなんて、ここにいるみんなは信じられるかな」という内容だ。言い終わったタイミングで周りの人たちがどよめき、カメラが空に向けられると、紙幣がひらひらと舞い落ちる様子が映し出される。




シンガポールのニュース・チャンネル、チャンネル・ニュース・アジアによると、警察はこの後、現場から6000香港ドル分(約8万4000円分)の100香港ドル紙幣(約1400円)を回収した。ということはわずか60枚に過ぎないことになり、ほとんどは通行人に拾われてしまったようだ。ビデオには、通りかかった人たちが夢中になってお札を拾う様子も映っている。警察は、拾った現金を警察に届け出るよう呼びかけていたという。

SCMPによるとウォン氏は15日に現金をばら撒いた後、再びフェイスブック・ページにビデオを投稿。現金のばら撒きについて「貧しい人を救うために金持ちから奪っている」と説明したという。さらに「僕を責めないで。なんでお金が空から降ってくるのかなんて僕だって知らない」と答えたと言い、香港のどこで「不思議な現象」がみたいか、教えて欲しいとビデオの視聴者に問いかけたという。

逮捕後パトカーからもライブ配信

SCMPは翌16日夜の記事で、ウォン氏が同日午後4時に逮捕されたと伝えた。ウォン氏は16日にミール・クーポン(食事用クーポン)を配ると予告しており、配布に現れたところを警察が拘束したものだ。公共の秩序を乱したためだという。有罪となれば、罰金5000香港ドルと禁固12カ月を科される可能性がある。なお、中国や韓国、日本などの仮想通貨に関するニュースを配信しているアジア・クリプト・トゥデイは、「ミール・クーポン」とは現金の湾曲表現だと説明している。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国、米英関係悪化狙いファーウェイ利用=米上院議員

ワールド

EU、ロシアのG7復帰に消極姿勢 枠組みの恒久的変

ワールド

トランプ氏、州兵動員拒否の州知事非難 「NY市はず

ワールド

バイデン氏、トランプ氏のデモ対応批判 「憎しみの炎

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 6

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月