最新記事

香港

現金が空から降ってくる!? 香港で現金をばら撒いた男性逮捕

2018年12月18日(火)13時30分
松丸さとみ

South China Morning Post-YouTube

師走の街に空から現金が

12月15日、香港の街で空から現金の雨が降ってきた。しかも映画の撮影ではなく、おもちゃのお金でもない。

香港の英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)(15日付)によると、現金の雨が降ってきたのは香港の貧しい地域シャムスイポー(深水埗)地区で、場所は地下鉄駅からも近い福華街だ。九龍島に位置し、香港の下町と言われている。

現金をばら撒いたのは、24歳の男性、ウォン・チンキット(黄鉦杰)氏だ。仮想通貨の会社エポック・クリプトカレンシーのオーナーで「若きコインの達人」と呼ばれているという。同社はフェイスブック・ページで、現金をばらまく様子をライブ配信した。この動画の中で、カメラに向かって話している黒いパーカーを着た男性がウォン氏とみられている。

SCMPによると、ビデオの中でウォン氏がカメラに向かって話しているのは、「お金が空から降ってくるなんて、ここにいるみんなは信じられるかな」という内容だ。言い終わったタイミングで周りの人たちがどよめき、カメラが空に向けられると、紙幣がひらひらと舞い落ちる様子が映し出される。




シンガポールのニュース・チャンネル、チャンネル・ニュース・アジアによると、警察はこの後、現場から6000香港ドル分(約8万4000円分)の100香港ドル紙幣(約1400円)を回収した。ということはわずか60枚に過ぎないことになり、ほとんどは通行人に拾われてしまったようだ。ビデオには、通りかかった人たちが夢中になってお札を拾う様子も映っている。警察は、拾った現金を警察に届け出るよう呼びかけていたという。

SCMPによるとウォン氏は15日に現金をばら撒いた後、再びフェイスブック・ページにビデオを投稿。現金のばら撒きについて「貧しい人を救うために金持ちから奪っている」と説明したという。さらに「僕を責めないで。なんでお金が空から降ってくるのかなんて僕だって知らない」と答えたと言い、香港のどこで「不思議な現象」がみたいか、教えて欲しいとビデオの視聴者に問いかけたという。

逮捕後パトカーからもライブ配信

SCMPは翌16日夜の記事で、ウォン氏が同日午後4時に逮捕されたと伝えた。ウォン氏は16日にミール・クーポン(食事用クーポン)を配ると予告しており、配布に現れたところを警察が拘束したものだ。公共の秩序を乱したためだという。有罪となれば、罰金5000香港ドルと禁固12カ月を科される可能性がある。なお、中国や韓国、日本などの仮想通貨に関するニュースを配信しているアジア・クリプト・トゥデイは、「ミール・クーポン」とは現金の湾曲表現だと説明している。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月