最新記事

太陽

太陽の北極の外観を推測した人工画像が初めて公開される

2018年12月6日(木)17時10分
松岡由希子

5ヶ月以上かけてデータをつなぎ合わせた Credit: ESA/Royal Observatory of Belgium

<欧州宇宙機関は、2009年に打ち上げられた「PROBA-2」の観測データをもとに推測した太陽の北極の人工画像を初めて公開した>

英国、ドイツ、フランスなど、欧州22カ国が加盟する欧州宇宙機関(ESA)では、米航空宇宙局(NASA)との共同事業として1990年に打ち上げられた太陽極域軌道探査機「ユリシーズ」や1995年に打ち上げられた太陽・太陽圏観測衛星(SOHO)、2009年に打ち上げられた小型衛星「PROBA-2」などを通じて、太陽の観測や探査に取り組んできた。

しかし、太陽の極域を観察する軌道に投入されたユリシーズを除き、太陽を低緯度から観測するものがほとんどで、太陽の極地については、まだ十分に調査されていないのが現状だ。

5ヶ月以上かけてデータをつなぎ合わせた

このようななか、欧州宇宙機関は、2018年12月3日、「PROBA-2」の観測データをもとに推測した太陽の北極の人工画像を初めて公開した。

An_artificial_Proba.jpgESA/Royal Observatory of Belgium

「PROBA-2」は、極地を直接観測できないものの、「PROBA-2」に搭載された極紫外線太陽望遠鏡「SWAP」で太陽大気を観測する際、太陽の円盤の周りに広がる太陽大気も含め、視界に沿ってすべてのものをデータで収集している。

そこで、研究者チームは、これらのデータをもとに極地の外観を推測することにし、2018年6月から5ヶ月以上かけてデータをパッチワークのようにつなぎ合わせ、人工画像を作成した。この人工画像は、コロナホールやアルヴェーン波、ロスビー波といった太陽の極地で起こる現象についてより深く知るための手がかりとなるという。

探査計画が進む太陽の極地

まだ多くの謎に包まれている太陽について解明をすすめようと、さらなる探査に向けた動きが活発になっている。米航空宇宙局では、2018年8月12日、太陽に"触れる"ことをミッションとする太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」が打ち上げられた。太陽の表面から約400万マイル(約644万キロメートル)の太陽大気の中を航行しながら、太陽コロナを通じてエネルギーや熱がどのように移動しているかを追跡し、何が太陽風を加速させているのかを探る計画だ。

(参考記事)太陽コロナに触れる探査機、熱で溶けない4つの理由:NASAが8月打ち上げへ

欧州宇宙機関でも、太陽の極域を観測する太陽観測衛星「ソーラー・オービター」を2020年2月に打ち上げる計画を明らかにしている。

近い将来、これらの探査機や観測衛星からもたらされるであろう太陽の極地のリアルな姿は、いったいどのようなものなのだろうか。この人工画像との対比も含めて興味深い。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 8

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    【要注意】スマホやヘッドフォンで若者たちが感電死

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月