最新記事

ブレグジット

EU離脱案のイギリス議会採決、1月中旬に実施 野党はメイ首相不信任案も

2018年12月18日(火)09時18分

12月17日、英国のメイ首相(写真)は、前週延期したEU離脱案の議会採決について、来年1月中旬に行うと表明し、それまでに議会が納得する確約をEU側から得る考えを示した。ロンドンで撮影(2018年 ロイター/Toby Melville)

英国のメイ首相は17日、前週延期した欧州連合(EU)離脱案の議会採決について、来年1月中旬に行うと表明し、それまでに議会が納得する確約をEU側から得る考えを示した。

一部の議員からは、離脱日まで時間がない状況で採決を行うことで首相は自身の案を可決させようとしているとの批判が上がり、野党・労働党のコービン党首はメイ首相に対する不信任案を提出する考えを示した。

離脱後もEUと緊密な関係を維持することへの反対が強まる中でも、メイ氏は国民投票の再実施や、様々な離脱の選択肢に議会でどの程度の支持があるか見極める案を拒否しており、1月中旬に採決を行えば、議会は首相の離脱案か合意なき離脱のいずれかの選択を迫られる可能性がある。

首相は議会で「同問題を巡り早期決断が必要と多くの議員が懸念している。1月7日から始まる週に『有意義な投票』への審議を再開し、翌週に採決を行う意向だ」と語った。

さらに「離脱案が完全でないことは承知している。これは譲歩案だ。しかしだからといって良案に背くのであれば、合意なき離脱に陥りかねない」とし、自身の離脱案か、合意なき離脱か、離脱放棄のいずれかを選択するしかないと強調した。国民投票の再実施については「取り返しのつかない損害」をもたらすとして重ねて否定した。

離脱案の中で主な争点となっている諸問題についてEUは「一段の明確化」を示したとし、英政府として「さらなる政治的・法的確約」を求めていくとした。

労働党のコービン党首は「離脱案の修正が可能だからではなく、議員らが合意なき離脱を回避するために離脱案を支持するよう、時間切れにしようとして採決を延期するのは無責任だ」と批判。

採決を速やかに実施しないことを理由に、メイ首相に対する不信任案を提出する考えを示した。

ただ、首相個人に対する不信任案の採決結果には法的拘束力がない。また、前週メイ氏に党首交代を求めた与党・保守党の一部議員や、メイ政権に閣外協力する北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)は労働党の不信任案を支持しない考えを示した。

政府関係筋は、労働党は真剣なら首相個人ではなく内閣に対する不信任案を提出すべきだと述べた。

ハインズ教育相など複数の閣僚は、過半数の支持が集まる案があるかどうか見極めるため、様々な選択肢を議会に提示することに前向きな姿勢を示した。

ただメイ首相の報道官は、支持を探るためのこうした採決の可能性を排除するかとの質問に対し「そのような採決は予定されていない」と答えた。

[ロンドン 17日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

ドイツ、EU・シェンゲン圏・英との往来禁止を6月1

ワールド

プーチン氏、4日のワクチンサミットに出席せず=ロ大

ビジネス

日産の英工場、通商協定なきEU離脱なら維持不能=グ

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(3

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月